DATE 2019.10.21
Moments

思い立って...

2日前に飛行機のチケットと宿泊先とレンタカーの手配をして週末をタスマニアで過ごすことに。
最近飛行機に乗りたがっていた息子は家からホバートに着くまでの間、今までにないくらい上機嫌でした。

マーケットを訪れたり、日が暮れるまでビーチを散歩したり、日中に調達した新鮮な野菜や魚介類、手打ちパスタなどをその日の夜に調理したり...

 

滞在中車を飛ばして行きたいところは色々あったものの、久しぶりのホバートはぴかぴかと美しく、気持ちよく私たち家族を迎え入れてくれたので、あまり遠出はせず市内近郊でのんびりと過ごしました。

日曜日に開かれていたファームゲートマーケットではメルボルンでも購入しているElgaarというオーガニック牧場のお店があり、常連らしきお客さん達が牛乳を買う際に空の牛乳瓶を返却している光景が印象的でした。

 

オーストラリアでは牛乳はリサイクル可プラスチックのボトルで売られているのが主流ですが、最近ガラス瓶システムを少しずつ導入する酪農ファームがメルボルンでもちらほらと出てきています。Elgaarさんは牛乳もヨーグルトもクリームもカッテージチーズも以前からずっとガラスの瓶やボトルで販売している先駆者です。

 

同じお店で売られていたチーズが見るからに美味しそうなので、テスターを戴いたら想像を上回るほどの美味しさにびっくり!普段は乳製品を控えている夫も一緒にチーズ選びを楽しみました。

マーケットの後に寄ったピジョンホールベイカーズという美味しいパン屋さんのお店の方に「近いから、ぜひ。」とお勧めされてマウントウェリングトンの山頂へ向かったのですが、観光名所のひとつである割には山道での運転がかなりスリリング!狭い道路で下山車とすれ違う度にいつ引き返そうかしらと迷いましたが、後ろには車が何台も続いていて...

 

手に汗をかきながらどうにか無事辿り着いた第一展望スポットではあまりの高さに腰が抜けそうになりました(笑)。ホバートの街、湾内が一望できるのは勿論、ところどころに雪が積もっていました。

息子は久しぶりの雪がとても嬉しかったようで、ずるずる滑ってみたり、雪合戦を始めたりと大はしゃぎ。

街中にあるこちらのギフトショップではタスマニアに住む女性達が腕をふるって作ったご自慢のビスケットやケーキ、ジャム、手編みのセーターやお人形などの手芸品等を販売しています。(そして店頭に並んでいるのはきっとどなたかのお宅のお庭から届いた朝摘みの水仙のブーケ!)

CWAとはCountry Women’s Associationの略で、特に地方に住んでいる女性達が孤立しないように、自らの力で収入を得られるようにと女性が集まって出来た団体だそうです。

 

前回ホバートを訪れた時にとても印象的だったのでメルボルンへ戻る前に寄ってみたのですが、お目当てのクリームファッジは最近入荷していないとのこと...以前購入してから数年が経ちますから作者の女性がご健在だといいなあと思いながら店を出ると、雪がぱらぱらと降ってきて心は満たされたのでした。

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

LATEST POST 最新記事

「dou?」から誕生日やクリスマスにピッタリな木のケーキ「make a wish」が発売
今年のクリスマスはオランダ発「Jurianne Matter」のとびきり可愛いペーパークラフトでお祝い!
「横浜美術館」が自宅から楽しめるアートプログラム「オンラインで楽しむ!エデュケーション・チャンネル」を開設!
【CATALUNYA/From YAYOI】スペインの田舎暮らしから。YAYOIのカタルーニャ日記Vol.4