DATE 2018.01.16

雨の日、風邪をひいている日、
出かけることが出来ない日はどう過ごすか悩むことが最近よくあって…

 

クッキー作りはやっぱり後片付けが多いから
何か汚れないけど飽きずにしばらく楽しめる
簡単なクラフトがあったらいいのにと思っていたら、
フランスのdécopatchを見つけた。

 

張子のようなテクニックで、
カラフルな紙をちぎって、décopatch専用の糊でフィギュアに
どんどんくっ付けていく。
使うのは紙、ベースになるフィギュア、のり、刷毛だけ。

このユニコーンのキットは使う材料は全部セットになっていて、
準備いらずだから、思い立ったらすぐに始められる。

さすがフランスの可愛い星柄とピンクの紙、ユニコーンの人形、
材料は小夏の大好きなモチーフばかり!
簡単にどんどん貼れるから、うまく貼る感覚を実感して、真剣な顔で作業に集中!

私たちのユニコーンはまだ途中だけど、
3歳の小夏でもこんなに上手にできた。
汚れることも殆どなかった。

 

「保育園から帰ってきたらまたすぐにやりましょう」と約束!
2人でやった初のクラフトはとても楽しかったみたい。

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

LATEST POST 最新記事

【TOKYO/From ROMY】東京に暮らすパリジェンヌROMYのおしゃれジャーナル vol.6
ヨンア|わたしと家族と、 家ものがたり。Vol.9
【LONDON/From SHIHO】ロンドン発シホのサスティナ ジャーナル Vol.5
「ザ・ノース・フェイス」マタニティライン新作は、“通気”に着目した防寒アウター