DATE 2018.06.04
パリの12ヶ月

Fête des mères / 母の日

5月-1

 

5月の最終日曜日が母の日のフランス。
なので、今年は5月27日でした。
幼稚園や小学校、日本語補習校などに通っていた頃は、学校で母の日のカードやオブジェなどを作るよう促してくれました。
でも大きくなると本人たちの意思。
去年はスルーされてしまいました。
ちょっと寂しかったけど、自分を思い返しても、一生の中でそんなのどうでもいい、という時期もあったような。。。
で、今年はあるお店を通るたびに<このケーキ食べたい>とつぶやいてみました。
まったくさりげなくない。

さて当日。
夕食が終わって念願のケーキがデザート。
箱から出すときに次女がちょこっとヘマをして。。。
少しだけ崩れちゃったけれど、それでもとってもうれしかった。

 

日本の母の日には、今年は電話だけ。
<産んでくれてありがとう>と伝えたら<それいいわねー!>と大笑い。
母の日は、母のための日だけれど、みんなの心がいろんな形でぽかぽかする日。

 

<2歳児語録>
長男が4歳児だった頃。
動物の話をしていた時に「あのさー、あれなんだっけ?シカの頭にはえてる “ツネ” だっけー」と手で角をかたどっていた。
どうも“つの”と“つめ”がまざってしまったよう。

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

LATEST POST 最新記事

Vol:2マーベル作品から考察するSDGs。「最強ヴィラン“サノス”が実現した持続可能な新しき世界。その正しさと過ちとは?」
#stayhome中のイライラ対策に!  話題の絵本でアンガーマネジメントを学ぶ
【Fasu編集部スタッフ編】素敵な暮らしのヒントが続々。自宅のお気に入りインテリアを教えて!
Vol.2 あるがままに