DATE 2016.12.02
子どもと一緒にparis散歩

劇場のような広場  Place saint-sulpice

パリ右岸に住んでいると用がない限りなかなか左岸へは出かける機会はありません。
でも息子の学校は左岸にあるので、彼は毎日ノートルダム寺院を見ながら橋を渡って登校しています。
ある秋の学校帰りに、サンシュルピス広場へ足を伸ばしてみました。
サンジェルマンデプレとリュクサンブール公園の間にあるこの広場は四季によって色んな顔を持っています。
ドラクロアの絵画が飾られているサンシュルピス教会は晩秋の夕日が当たってとても美しい時期になりました。

真ん中にある大きな噴水はもうじき凍ってしまう前に頑張って働いています。
子『もっと寒くなって凍ったらスケートできそうだね。』
父『手袋や帽子もかぶってこなきゃね。』

そんな会話をしながら教会の階段から見る広場はまるで劇場にいるみたいです。
春には骨董市なども開かれていつ来てもウキウキする場所なのです。

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

LATEST POST 最新記事

6歳以下の子どもが対象! 土屋鞄製造所が、絵本のキャラクター原案を募集
EVERGREEN  いたいけな視線が捉える揺るぎない未来の姿
セミの幼虫は土の中に何年いる?
フォトグラファー北村圭介、初の写真集『-14.1℃』発売