DATE: 2017.02.06

国内外で人気の〈tegoto〉がエキシビジョンを開催!

日本を拠点にしたデザイナー重松淳也氏がハンドメイドで仕上げる知育玩具ブランド〈tegoto(テゴト)〉。2017年2月21日~4月9日までの期間、代官山 蔦屋書店「Anjin」にて、初公開作品を含めたエキシビジョンを開催します。

長く子どもたちに触れてもらいたい

〈tegoto(テゴト)〉は知育をテーマに、現代に沿った工芸・民芸品の在り方を考える日本のブランド。楽しく学べるオブジェや玩具は、上質な木材を使用し、1点1点デザイナー自身が手作業で仕上げています。つい手にとりたくなるような鮮やかな配色、どこかコミカルで親しみを感じるキャラクター、そしてオブジェのように飾っても絵になる造形を兼ね備えたアイテムはとても魅力的。本展では定番の入れ子オブジェの「NEST」シリーズや太陽系を表したモビール「solarsystem」に加え、新たに様々な人種の解剖図を表した「SAME INSIDE」や太陽系の惑星の大きさ順を表した入れ子オブジェの「COMPARISON OF PLANET SIZE」など、初公開作品も登場します。子どもだけでなく、大人も楽しめる魅力たっぷりのアイテムは、大切な方へのギフトにもおすすめです。

「HUMAN ANATOMY」人の解剖図
「INSIDE THE EARTH」地球の解体図
「PIG ANATOMY」豚の解剖図
「COMPARISON OF SPEED」速さ比べ
「solarsystem」

〈tegotoのお取り扱い〉
MoMA (NY/TOKYO)・原美術館ミュージーアムショップ・Paul Smith(UK)・CIBONE・LIVING MOTIF・MINA-TO
〈tegoto〉公式サイトはこちら

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】