DATE: 2018.03.11

猫好き必見!「猪熊弦一郎展 猫たち」東京で開催

画家・猪熊弦一郎の芸術世界に迫る展覧会「猪熊弦一郎展 猫たち」が3月20日(火)~ 4月18日(水)の間、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催。

猫好き画家の素敵な暮らし

JR上野駅の大壁画《自由》や三越の包装紙デザインでも知られる画家・猪熊弦一郎は、「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られています。本展では、猪熊が描いた猫の絵を、作風や技法、他のモチーフとの組み合わせなど複数の視点からご紹介。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、猫をモチーフに写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩画など実にさまざまな作品が描かれました。

しかし、猪熊の芸術は猫だけにとどまるものではありません。戦前にはマティスと交流し、戦後は20年間ニューヨークを拠点に活躍、その後はハワイでも活動した猪熊は、昭和の百花繚乱の画壇で極めて個性的な作品群を残しました。本展では猫以外の主題の作品も若干展示されるということで、さらに猪熊の奥深い芸術世界に触れるきっかけとなるでしょう。

百数十点にのぼる「猫たち」を味わえる本展は、子どもにも大人にも楽しめる展覧会となっています。今回はそんな本展の展覧会招待券をMilK JAPON WEB会員の方の中から抽選で5組10名様へプレゼント!応募フォームからふるってご応募ください。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】