DATE: 2018.06.06

親子で楽しむ名作絵本「愛されて40年『100万回生きたねこ』佐野洋子の世界展」

絵本『100万回生きたねこ』の作者・佐野洋子の世界を紹介する展覧会が、山梨県立美術館で2018年6月17日(日)まで開催中。

2017年で出版40周年を迎えた、誰もが知る名作絵本『100万回生きたねこ』。現在、作者の佐野洋子の世界を紹介する展覧会が開催されています。

本展では、『100万回生きたねこ』の原画を中心に、代表的な絵本の原画、小説の原稿、女性や猫等を描いた銅版画作品など、およそ130点を展示。さらに、ミュージカルとしても上演された『100万回生きたねこ』の衣装、小道具、舞台装置などの関連美術も並びます。絵本作家、エッセイスト、画家という多くの肩書きで活躍した佐野ですが、そんな彼女をより身近に感じられるよう、幼い頃からの写真や、作画道具、愛用品なども紹介されています。

さらに会場には『100万回生きたねこ』の主人公「とらねこ」と一緒に写真が撮れたり、絵本を読んだりできるコーナーも。世代を超えて楽しめる『100万回生きたねこ』の世界を親子で堪能してみては。

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場