DATE: 2018.11.09

「フェルメール展」上野の森美術館で開催中!フェルメール作品9点を展示

「フェルメール展」が上野の森美術館で2019年2月3日(日)まで開催中。日本初公開3点を含む9点のフェルメール作品を展示(一部入れ替えあり)。

上野の森美術館で「フェルメール展」が開催中。寡作でも知られ現存作35点ともいわれるフェルメール。今回は欧米の主要美術館から、本展のために9点のフェルメール作品が貸し出されています。これは日本美術展史上最多の展示数で、中には「牛乳を注ぐ女」や、日本初公開の「ワイングラス」なども含まれています。

本展の見どころは、フェルメール作品がひとつの部屋に展示されている「フェルメール・ルーム」。作家本人も目にしたことのないであろう、奇跡の光景が広がります。そのほか、オランダ黄金期を代表する画家であるハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホらによる、世界的にもごく稀少で非常に評価の高い作品約40点が展示されます。

会期中は混雑が予想されるため、東京展では「日時指定入場制」を採用。さらに音声ガイドも無料で貸し出してもらえるので、よりじっくり作品と向き合えます。

また会場では、素敵なオリジナルグッズも販売。ぜひ忘れずにチェックしてみて。

フェルメール展 東京展

住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
TEL:0570-008-035
会場:上野の森美術館
開催日:2018 年10月5日(金)~2019 年2月3日(日)
開催時間:9:30~20:30(入館は閉館30分前まで、2019年1,2月は9:00~)
※開館・閉館時間が異なる日あり
休館日:12月13日(木)
料金:前売り日時指定券 一般2,500円 大高生1,800円 小中学生1,000円 未就学児無料
※日時指定入場制
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】