DATE: 2018.11.09

「フィリップス・コレクション展」巨匠の秀作75点を展示!子連れに安心の「トークフリーデー」も

「フィリップス・コレクション展」が三菱一号館美術館で2019年2月11日(月・祝)まで開催中。自由におしゃべりできる、子連れに安心の「トークフリーデー」も。

米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られる、ワシントンのフィリップス・コレクション。裕福な実業家の家庭に生まれ、高い見識を持つコレクターであったダンカン・フィリップスが築いたコレクションを継承。1921年に、ニューヨーク近代美術館よりも早く、アメリカでは近代美術を扱う最初の美術館として開館しました。

コレクションの中核をなす作品群はいずれも質の高いものばかり。本展では、この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールベ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作75点を展覧します。

なお、11月26日(月)、1月28日(月)の2日間は、展示室内で声の大きさを気にせず、作品について自由に話しながら鑑賞できる「トークフリーデー」を実施。小さな子どもを連れていても気兼ねなく鑑賞ができるようになっています。

実はフィリップスコレクションと本展の会場である三菱一号館美術館には、赤レンガ造りという共通点も。ぜひ、重厚な空間の中で名画を堪能してみては?

フィリップス・コレクション展

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
会場: 三菱一号館美術館
開催日:2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)
開催時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
※祝日を除く金曜日、第2水曜日、会期最終週平日は21:00まで
休館日:月曜日(但し、祝日・振替休日の場合、会期最終週とトークフリーデーの11月26日、1月28日は開館)、年末年始(12/31、1/1)
料金:一般1,700円 大高生1,000円 小中学生500円
公式サイト

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ

LATEST POST 最新記事

Vol:2マーベル作品から考察するSDGs。「最強ヴィラン“サノス”が実現した持続可能な新しき世界。その正しさと過ちとは?」
#stayhome中のイライラ対策に!  話題の絵本でアンガーマネジメントを学ぶ
【Fasu編集部スタッフ編】素敵な暮らしのヒントが続々。自宅のお気に入りインテリアを教えて!
Vol.2 あるがままに