DATE: 2018.11.05

「グラフィックで科学を学ぼう 進化のものがたり展」子どもが科学を学べるデザインを京都dddギャラリーで展示

「グラフィックで科学を学ぼう 進化のものがたり展」が2018年11月12日(月)~12月22日(土)の期間、京都dddギャラリーで開催。京都芸大の学生たちが、子どもたちに向けて生物の進化について学べる作品をデザイン。

本展では、京都芸大ビジュアル・デザイン専攻の学生たちが、生物の進化について書かれた専門書を読み、その内容を子どもたち(小学校 中・高学年)に伝えるためにデザインした作品を展示。作品は、ゲーム、映像、絵本など多岐に渡ります。

科学の知識は正確に伝えられなければならないので、説明文、図版、写真、どれも正確性が求められます。本展の作品には全て「ものがたり」が加えられ、子どもたちが興味を持てるよう工夫されています。

さらに本展には、京都帝国大学の学生たちが植物などを学ぶために世界各地から集められた、京都大学総合博物館所蔵近代教育掛図をパネルと画像で紹介。通常このような図版はやや退屈に感じることがありますが、この近代教育掛図はある種「作品」のような芸術性を感じさせます。

学生たちが作った作品と、近代教育掛図の図版からは、楽しく、美しく、情報が伝わってきます。グラフィックデザインの可能性が感じられる本展。ぜひ子どもと一緒に鑑賞してみては?

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】