DATE: 2020.10.01

食物アレルギーでも食べられる、100%植物食材のビーガン・スイーツ専門店がオープン

卵や⽜乳などを⼀切使わず、100%植物由来の食材だけを使用したケーキを提供する、ビーガン・スイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」が東京・広尾にオープン。苺のビーガンショートケーキをはじめ、季節の素材を使ったケーキが揃う。
ホールケーキにはメッセージプレートもつけられる(※別売り)。 苺のビーガン・ショートケーキ ホール ¥4,300、ピース ¥680

東京・広尾にオープンした「hal okada vegan sweets lab」は、ビーガン・パティシエとして研鑽を積んだ岡田春生氏が手がける、ビーガン・スイーツのテイクアウト専門店。ここに並ぶすべてのケーキは卵や牛乳などを使用せず、100%植物食材だけで構成。そのため、動物性食材アレルギーの人やヘルシー志向の人など、誰もが安心して食べることができる。

ケーキを購入するには、WEBサイトからの事前予約が必要。ホール、ピースケーキ共に、受け取り希望日の4日前までに予約し、指定日に受け取りに行く。店頭ではピースケーキのみ数量限定販売され、なくなり次第終了となるので、あらかじめオーダーしておくのがおすすめ。また店頭では、キャッシュレス決済のみで対応している。

スイーツに欠かせない、しあわせな甘さとコクを植物食材だけで表現。ナッツ(アーモンド)抜きのオーダーも可能。
プレミアム・モンブラン ホール ¥5,000、ピース ¥780

気になるメニューは、岡田氏の代表作でもある「苺のビーガン・ショートケーキ」、グルテンフリー生地と豆乳のチョコホイップで仕上げた「苺のチョコクリーム・ショートケーキ」、渋川栗を使った「プレミアム・モンブラン」など。このほか、季節限定商品や新商品も発売される予定。

「目指すのは、誰もが楽しく1つのテーブルを囲むことができる『ボーダレスな食』を提供すること」と語る岡田氏。家族全員が同じケーキを味わう、そんな楽しいひとときを叶えてくれる「hal okada vegan sweets lab」。今後はEC販売での全国配送も予定しているそうなので、ぜひチェックしてみて。

LATEST POST 最新記事

「おうちギャラリー」始めませんか?増える一方の子供の絵や工作のクリエイティブなディスプレイ術
ニューノーマル時代の家電カタログ
東京オペラシティアートギャラリーで「和田誠展」が開催。国民的イラストレーターの新たな魅力を発見
シュライヒのセットや、おうちに飾りたいイエローコーナーのアートフォトをプレゼント!Fasu、秋の新規会員キャンペーン【第一弾】