DATE: 2021.10.05

イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店で「イイダ傘店 秋の傘展 」開催。10/8から11/3まで

イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店にて、「イイダ傘店 秋の傘展 」が2021年10月8日(金)~11月3日(水)に開催される。オリジナルのテキスタイルを使用した傘の新色が先行販売されるほか、イイダ傘店初の傘生地を使用したファブリックパネルも登場する。
雨傘、日傘、晴雨兼用傘は¥31,900~。
雨傘、日傘、晴雨兼用傘は¥31,900~。

傘作家のイイダヨシヒサ氏が主宰するイイダ傘店は、オリジナルの生地づくりから、日傘・雨傘を一本一本手作業で完成させるところまでを手掛けるブランド。店舗は持たず、全国を巡回する受注会でオーダーを受け付けており、心が晴れやかになるような色とりどりのデザインが人気を集めている。

ファブリックパネル(刺繍)トウモロコシ(20×20cm) ¥7,150
ファブリックパネル(刺繍)トウモロコシ(20×20cm) ¥7,150
ファブリックパネル(プリント生地)コショウ(20×20cm) ¥5,720
ファブリックパネル(プリント生地)コショウ(20×20cm) ¥5,720

渋谷ヒカリエ ShinQs 5Fにある、イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店で開催される「イイダ傘店 秋の傘展 」では、2008年に初めて販売された「コショウ」の新色「グレー」を、晴雨兼用傘として先行販売。さらに、ハンカチやバッグなど身の回りの小物や、傘生地を使用したファブリックパネルも初登場する。インテリアのアクセントになるファブリックパネルは、20センチ四方と小ぶりのサイズなので、家の中のちょっとしたスペースにも飾りやすく、手軽な気分転換としてもおすすめ。

手仕事ならではのぬくもりと、どこかノスタルジックな佇まいが魅力の「イイダ傘店」の傘。いつかは手に入れたい……と憧れている人は、この機会をお見逃しなく。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】