DATE 2022.01.14

手足が動くのがかわいい! 段ボールのアップサイクルで、今年の干支、トラをつくろう【Be Creative!】

クリエイティブな気分を盛り上げる、工作やインテリアデコレーション、ゲームや遊びなどの提案をするシリーズ【Be Creative!】。今回のテーマは、段ボールをアップサイクルして作る、今年の干支、トラの人形。

ヒモを引っ張ると手足が動く、楽しい仕掛けに注目!

今回から数回に分けてお届けする「段ボール・アップサイクル工作」。

第一弾は、新しい年の始めにピッタリな、今年の干支、トラのオーナメント。

ボタンとヒモを使って、トラの手足が動く仕掛けを作ります。

シンプルな仕掛けなので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

まず、段ボールにトラの体のパーツ、「耳」「頭」「胴体」「腕」「足」を描きます。カッターなどでカットしたら、絵の具でトラ柄に色を塗り、顔も描きます。

色を塗る際は、カットした段ボールの裏に丸めたマスキングテープを貼って、新聞紙などの上に固定してから塗ると、塗りやすいですよ。

耳と頭、そして胴体をボンドで接着します。

 

胴体、腕、足にヒモを通すための穴をキリで開けます。

その際、腕と足には小さめの穴1つと大きめの穴1つ、合計2つの穴を開けます。小さい穴を上に開けるのがポイント。

15cmほどのヒモを、ボタンの2穴に通して固定します。これを4つ用意。

ボタンを通したヒモを、胴体と腕、また、胴体と足の穴それぞれに通します。腕と足に開けた2つの穴のうち、大きい方の穴に通して。

裏返して別に用意したボタン(写真では白いボタン)にヒモを通し、固結びをします。この際、あまりキツく結ぶと手足が動きにくくなるので、少しゆとりをもたせるのがポイント。

これで、胴体と手足を接続することができました。

ここからは、手足を動かす仕掛けを作っていきます。

 

15cmくらいのヒモ(写真ではピンクのヒモ)を用意して、まずは片側を固結び。腕と足に開けた小さい穴に通し、そのまま対になる腕と足の穴に通して、固結びします。こちらも、ピンと貼りすぎず、少し余裕をもたせて結ぶのがポイントです。

 

 
 
   

腕と腕、足と足をヒモでつなげたら、そのヒモに、長めのヒモ(およそ40cm)1本を結びつけます。下に長く残すように結びましょう。

ヒモの末端にウッドビーズを取りつければ完成!

 

 

ヒモを引っ張ると手足が上下に動くユーモラスなオーナメントの出来上がり。

干支のトラはもちろん、子供の好きな動物や、人間を作ったっておもしろい。たまる一方の段ボールで、早速クリエイティブな時間を過ごしてみてください!

 

【用意するもの】

段ボール

ボタン8つ

ヒモ(15cmを6本。40cmを1本)

ウッドビーズ 2つ

カッター

ペン

ボンド

絵の具・筆

キリ

 

LATEST POST 最新記事

愛する器たちを、修理しながら長く大切に使い続けるために。【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:前編】
背伸びしたい乙女心をくすぐる!「ポール & ジョー」の新作ランドセルは大人なパステルカラー【2023年入学ラン活NEWS】
背負うだけでプレッピースタイルにキマる!トミー ヒルフィガーのランドセルでプレイフルな毎日を【2023年入学ラン活NEWS】
どうする?子どもの見守り問題。最新&人気のGPS端末5選