DATE 2017.07.14

SAMPLE 07:
子どもとおとなの気軽に着る上品スタイル

日々、成長していく子どもたちと過ごす時間はいつだって大切なもの。たとえ近所へのお出かけだったとしても、せっかくなら一緒にファッションを楽しみましょう。あたりまえの日常を特別なものへと変えてくれる、子どもと大人のためのスタイルサンプル。

真夏のラフなスタイルをシックに着こなす。

7月に入り気温はぐんぐん上がる一方。そこで、今回は気負わず楽に過ごせるスタイルをご紹介。キッズは足下の赤い靴が映えるモノトーンスタイル。大人は透け感が女性らしいトップスをブラックのオールインワンに合わせました。どちらも涼しく過ごせるラフなスタイルですが、色使いや素材感に気をつけてあくまでもエレガントに仕上げています。うなだれるような暑さの中でもファッションを楽しみましょう。

KIDS:千鳥格子トップス¥5,600(Diapers and Milk/プチフィロゾフ) ニットパンツ¥6,000(WOLF & RITA/ミンバ) バレエシューズ¥23,000(Repetto/ルック ブティック事業部) 子どもが座っているヴィンテージテーブル¥280,000(artek/プレイマウンテン)
MOTHER:シースルートップス¥15,000(LACAUSA/オー! ショールーム) オールインワン¥13,800(Priv.Spoons Club/プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店) シューズ¥32,000(THEATRE PRODUCTS/シアタープロダクツ表参道本店) 大人が座っている椅子¥268,000(HAY/シボネ青山)

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

LATEST POST 最新記事

【LONDON/From SHIHO】ロンドン発シホのサスティナ ジャーナル Vol.5
「ザ・ノース・フェイス」マタニティライン新作は、“通気”に着目した防寒アウター
Vol:4 子どもたちと海洋マイクロプラスチックについて考える。プロジェクト「OMNI」が拡げる可能性
IN THE PASTEL ROOM  色彩豊かな暮らしの中で多様な個性を育む