DATE 2016.12.02

そんなふう 05

生まれるまえに近所の公園内を夫と散歩しながら、もしものことをいろいろと話した。おなかを抱えながら転ばないように、気をつけながらゆっくりと歩いた。もしものことを考えて、生まれるまえから心配してもどうしようもないのだけれど、それでも考えずにはいられなくて。疲れたのでベンチに座って話を続けた。だんだん考えすぎて、ぎゅうっと重たい気持ちに支配されそうになっていたときに、夫の言葉で暗い気持ちに光が射した。ちょうど公園の木々のあいだから木漏れ日がきれいに見えていた。そのときに、生まれてきてくれることを受け入れられた気がする。親になる覚悟とか、実感とかはいまだによくわからないのだけれど、あのとき、あのベンチに座って見えた光のことはずっと覚えているのだろうなと思う。

BACKNUMBER 川内倫子 そんなふう
バックナンバー

LATEST POST 最新記事

第1回:多様な生き方、暮らし方
トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】