DATE: 2020.06.30

バンクシーの実像に迫る待望の評伝「バンクシー 壁に隠れた男の正体」

世界を熱狂させる覆面アーティスト、バンクシーとは一体何者なのか? イギリスの新聞記者が、緻密な取材でその実像に迫った評伝「バンクシー 壁に隠れた男の正体」(PARCO出版)の邦訳版が発売に。
「バンクシー 壁に隠れた男の正体」著者/ウィル・エルスワース=ジョーンズ 翻訳/「バンクシー 壁に隠れた男の正体」翻訳チーム(PARCO出版) 2,000円

有名な「風船と少女」や「花束を投げる男」をはじめ、ベツレヘムでの活動、サザビーズのシュレッダー事件など、アート界のみならず世界中から注目を集めるバンクシー。このたび出版された「バンクシー 壁に隠れた男の正体」(PARCO出版)は、ひとりの少年がどのようにして匿名のまま世界的なアーティストになっていったのか、その軌跡に迫るルポルタージュ。故郷のこと、お金のこと、協力者のことなど、さまざまな面から彼の人物像を浮き彫りにしていく。

翻訳チームには、当サイトで「aggiiiiiii 明るけりゃ月夜だと思う」を連載中のaggiiiiiiiも参加。唯一無二にして神出鬼没の現代アーティスト、バンクシーの謎を追う評伝。梅雨どきの読書タイムに、手にとってみては?

LATEST POST 最新記事

フォルケでSDGsを学ぶ。現役教師はデンマークで何を得たのか【北欧留学体験記:後編】
子供と一緒に楽しみたい。ホリデーシーズンを盛り上げる「クリスマスじたく」5つのアイデア
環境に優しいトマト栽培って?野菜の会社が行きついた、地球のため、子どもの未来のためにできること
レゴ ブロックで社会貢献。子どもにもできる#BuildtoGive #ハッピークリスマス