DATE 2022.06.10

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】

ジェンダーレスに背負えると、ここ数年見かける機会がグッと増えたグレイッシュカラーのランドセル。落ち着いた色合いでどんなファッションにもマッチし、品があると親世代からも大好評。そんなトレンドカラーを取り入れたランドセルを、村瀬鞄行で発見!

 

工程の要所要所を職人が手縫いで仕上げることで強度を高めた手作りランドセルが人気の、名古屋の鞄メーカー「村瀬鞄行」。
常に品質向上を目指して改良を重ね、クラシカルなランドセルだけでなく、トレンドを意識したランドセルも発表するなど、伝統を守りながら進化を止めないモノ作りの姿勢が多くのファミリーに支持されている。

 

村瀬鞄行 ボルカグレイッシュ AB720 約1,290g 68,000円 
カラー展開:6色
村瀬鞄行 ボルカグレイッシュ AB720 約1,290g 68,000円 
カラー展開:6色

そんな村瀬鞄行のランドセルの中でも、時代のニーズをくみ取ったラインとして話題を集めているのが「ボルカグレイッシュ AB720」シリーズ。
人気のグレイッシュカラー6色をラインナップし、どの色もジェンダーを問わず、自分好みのカラーを見つけることができる。

 

2023年入学モデルの新色として登場した、優しい印象の「サンドベージュ」。そのほか「オリーブ」「シナモン」も新たに追加された。
 
2023年入学モデルの新色として登場した、優しい印象の「サンドベージュ」。そのほか「オリーブ」「シナモン」も新たに追加された。  
飽きのこないシンプルなデザインをベースに、アンティーク調の金具でさり気ないアクセントを添えたデザインが洒落感たっぷり。細かなパーツも日本国内で製造する“一からの日本製”を貫いている。
 
飽きのこないシンプルなデザインをベースに、アンティーク調の金具でさり気ないアクセントを添えたデザインが洒落感たっぷり。細かなパーツも日本国内で製造する“一からの日本製”を貫いている。  

素材は、牛革の質感・シボ感を再現した村瀬鞄行独自の「人工皮革 レザーフォート」を採用。本物の革のような丈夫さ・高級感と、人工皮革の強みである軽さを兼ね備えているので、「革のランドセルは重さが気になって……」という人も安心だ。

また村瀬鞄行のランドセルは、疲れにくさと快適性を第一に考え「立ち上がり背カン」を標準装備。肩ベルトの上部が付け根から立ち上がることで、身体のラインに自然とフィットするので、ランドセルの重心が少し高くなり体感重量が軽減される仕組みになっている。

さらに背当てや肩ベルトには、荷重分散に優れた低反発の衝撃吸収素材「メモリーフォーム®︎」をクッションとして10mm厚で使用。よりフィット感がアップすることでランドセルの揺れが減るので、持ち帰りの教材が重い日や、長距離移動の日でも疲れにくいのが嬉しい。

肩ベルトは肩・胸・腰と体のラインに合わせてフィットすることで横揺れに対応した「しっかりカーブベルト」に。今年から改良版となり、随所に快適さへの追求が垣間見える。 
 
肩ベルトは肩・胸・腰と体のラインに合わせてフィットすることで横揺れに対応した「しっかりカーブベルト」に。今年から改良版となり、随所に快適さへの追求が垣間見える。   

オンライン購入も可能ながら、6周年を迎えた渋谷店のほか、リニューアルオープンした名古屋本店、新オープンとなる心斎橋店など、洗練された空間でランドセルをじっくりチェックできるリアル店舗も魅力たっぷり。お近くにお住いのファミリーはぜひ足を運んで。

 

リニューアルした名古屋本店の1Fには、昭和初期のランドセルなどが並ぶミュージアムも併設。
リニューアルした名古屋本店の1Fには、昭和初期のランドセルなどが並ぶミュージアムも併設。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】