DATE 2022.05.24

究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】

6年間に彩りを添えるファッショナブルなデザイン、厳選した高品質の素材、そして熟練の職人が手仕事で仕上げる丈夫な作りで人気の、ポロ ラルフ ローレンのランドセル。中でも最上位モデルの「レッドストライプ コレクション」なら贈り物としても最適!

 

両親だけでなく、祖父母が孫への入学祝いとして購入することも多いランドセル。「せっかく6年間使い続けるものだから、特別なランドセルを贈りたい」という人は、ポロ ラルフ ローレンの「レップストライプ コレクション」をチェックして。

 

ポロ ラルフ ローレン レップストライプ コレクション 231,000円 約1,680g 
カラー展開:2色(ブラック、レッド)
 
ポロ ラルフ ローレン レップストライプ コレクション 231,000円 約1,680g 
カラー展開:2色(ブラック、レッド)  

ポロ ラルフ ローレンのランドセルの中でもフラッグシップモデルとして作られたこちらは、馬のお尻からしか採れない希少部位であり、美しい光沢と傷がつきにくい高い強度で、“革のダイヤモンド”と称されるコードバンを使用した逸品中の逸品。

 

ネクタイからブランドをスタートさせたポロ ラルフ ローレンらしく、被せの裏側は伝統的なレジメンタルストライプ柄を採用。気品漂う大人びたデザインなので、6年間の成長とともに、こなれた雰囲気をまとえる

 

ランドセルを開く度に高揚感が高まる、洗練されたレジメンタルストライプ柄の内装
 
ランドセルを開く度に高揚感が高まる、洗練されたレジメンタルストライプ柄の内装  

さらに、被せのフロント部分にはロゴ入りメタルプレート、ランドセルの左側にはエンブレムの刺繍を取り入れ、被せを開くと内側には箔押しのロゴもお目見え。全てゴールドの装飾で統一することで、プレミアム感を演出している。

 

 

手荷物を少なくして通学時の安全性を高めたいという想いから、A4フラットファイル対応・大マチは内寸12cmの大容量サイズと、他社メーカーよりも大きめの造りとなっているのもポロ ラルフ ローレンのランドセルの特徴。さらに牛革を使用した「レップストライプ コレクション」の総量は約1,680gなので、「重くて子どもの体に負担になるのでは……?」と不安になる人もいるかもしれない。

しかし重量よりも、体にフィットして首や肩への負担を減らすことを重視した作りとなっているので、「背負ってみると意外と重さは気にならない」という子が多いそう。

 

肩ベルトとランドセル本体をつなぐパーツ、通称“背カン”は、耐久性に優れた金属製(タフウィング®︎)を採用。背カンは、左右に動かない「固定型」や、左右同時に動く「左右連動型」などがあるが、こちらは子どもの動きに合わせて左右別々に動く「非連動型」なので、肩から背中への負担を均等にし、背負った時の重さを軽減してくれる。
 
肩ベルトとランドセル本体をつなぐパーツ、通称“背カン”は、耐久性に優れた金属製(タフウィング®︎)を採用。背カンは、左右に動かない「固定型」や、左右同時に動く「左右連動型」などがあるが、こちらは子どもの動きに合わせて左右別々に動く「非連動型」なので、肩から背中への負担を均等にし、背負った時の重さを軽減してくれる。  

22万円(税込)とラグジュアリーな価格ながら、それに見合うだけの洗練されたデザインと品質、背負い心地の良さ、6年間型崩れなくタフに背負える丈夫な作りは、贈る方も贈られる方も一目で魅了されるはず。一生の思い出の品として手にしてみては?

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】