DATE: 2020.08.11

フォトグラファー北村圭介、初の写真集『-14.1℃』発売

MilK JAPONをはじめ、ファッション誌や広告で活躍する写真家、北村圭介が初の写真集『-14.1℃』を刊行。“0歳の時の時間”をテーマに、自身の子供を撮った作品が収められている。

「最初の写真集は、そのときに1番想いが強いものにしたかった」と語る北村氏が題材に選んだのは、2018年に生まれた自身の子供。タイトルの『-14.1℃』は、生まれた日の気温と胎内の温度差が-14.1℃だったことからつけられたという。

北村圭介 写真集『-14.1℃』 ¥2700

「生まれたばかりの子供と対峙していると、撮る側が胎内にいるように錯覚した」という北村氏。まるで羊水に浮かんでいるような子どもの写真は、誰もが過ごした場所にもかかわらず、記憶には残らず、再び戻ることもできない場所を思い起こさせてくれる。

本作は、代官山蔦屋書店、青山ブックセンター、nostos booksのほか、北村氏のホームページでも販売中。自分自身が、そして子どもたちが母のお腹で過ごした景色はどんなものだったのか? そんなことに想いを馳せながら、ゆっくりとページをめくってみては。

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛