DATE: 2021.06.15

親子でエシカル消費を体験! 「リビエラ逗子マリーナ」にエシカルショップが登場

日々の買い物は、もっとも身近で誰でも取り組むことがSDGsアクションのひとつ。そんなエシカル消費を体験できるショップが、海外リゾートのようなロケーションが魅力の「リビエラ逗子マリーナ」にオープン。

「リビエラ逗子マリーナ」は、5万坪の敷地にヨットハーバーやホテル、レストラン、イベント会場やリゾートマンションなど多彩な施設が点在するマリーナリゾート。パームツリーやマリーナビューが広がり、ここが日本であることを忘れるほど開放感抜群!

その一角に登場した「マリブエシカルショップ」には、廃タイヤを再利用したビーチサンダルや再利用でき折りたためるタンブラー、ローフードで作られたエナジーバーなど、「エシカル」や「サステナブル」を掲げた商品がラインナップ。

マリブファーム オリジナルラスク (左)焦がしバター ¥430 (右)ガーリック ¥430

マリブファーム オリジナルラスク (左)焦がしバター ¥430 (右)ガーリック ¥430

サラダだけでなく、グリル料理やカルパッチョとも相性抜群。マリブファーム オリジナルドレッシング バルサミコ ¥1,000

サラダだけでなく、グリル料理やカルパッチョとも相性抜群。マリブファーム オリジナルドレッシング バルサミコ ¥1,000

さらに、地域創生と食品ロスのサステナブル活動の一つとして、「湘南藤沢小麦」を使った食パンづくりの過程で余る小麦やパンで作ったラスクも登場。このほか、ロゴ入りのマグカップやトートバッグ、昨年日本に初上陸したレストラン「マリブ ファーム」のサラダで使われているドレッシングなど、「マリブファーム」オリジナルの商品も揃う。また、ショップオープンにあわせて「マリブファーム」のECショップもリニューアルし、オンラインでもエシカル商品を購入できるようになった。

地球や社会の未来を思いやる“エシカル消費”を体験したあとは、レストランで食事をしたり、マリーナ内を散策をしたり、思い思いの時間を過ごしてみては?

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場