DATE: 2021.08.30

360°キレイな空気に。コンパクト空気清浄機「Bright(ブライト)」が誕生

換気の重要性が叫ばれる今、自宅への空気清浄機の導入を検討中も多いのでは? エアトリートメント製品を専門に展開するオランダの「duux(デュクス)」から、置き場所を選ばないコンパクトサイズの空気清浄機が新登場。
Bright(幅22×奥行22×高さ36㎝) ¥24,800

Bright(幅22×奥行22×高さ36㎝) ¥24,800

このほどリリースされた空気清浄機「Bright(ブライト)」は、高さ35センチ、幅22センチ、奥行き22センチの扱いやすいコンパクトサイズ。360°の吸引口から空気を取り込み、浄化された空気を上から放出するので、リビングの中央に設置すれば、きれいな空気を部屋全体へと拡散してくれる。

また、独自に開発した3層のフィルターを搭載し、空気中のPM2.5を99%除去。浮遊ウイルスや浮遊菌も97%以上取り除き、目に見えない有害物質から守ってくれるほか、活性炭フィルターが生活空間にあふれる不快なニオイをすばやく脱臭。空間のニオイも整えてくれる。

※ PM2.5は、32㎥の空間を風量4での運転開始から36分で99%除去。浮遊ウイルスは、25㎥の空間を風量4での運転開始から30分で97%除去。

このほかPM2.5センサーとニオイセンサーを搭載し、部屋の空気状態を3段階で判定。オートモードを使うと判定結果をもとに自動運転を行い、最小限の電力で最大限に空間を浄化してくれる。専用アプリをスマホに入れれば、遠隔で「電源のON/OFF」や「フィルター寿命の確認」などの操作もできるという。

フィルター交換頻度は、一般的な空気清浄機よりも長い約2年4ヶ月。掃除機でのフィルター掃除で、フィルターの寿命を延ばすことも可能。

フィルター交換頻度は、一般的な空気清浄機よりも長い約2年4ヶ月。掃除機でのフィルター掃除で、フィルターの寿命を延ばすことも可能。

寒さや騒音、防犯上など様々な理由で窓を開けての換気ができない時に、空気清浄機が大活躍。好きな場所に置けて家中をキレイな空気で包む「ブライト」で、快適な時間を過ごして。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】