DATE: 2022.04.15

アクタス・カンディハウス・倉本仁・コクヨがスペシャルタッグを組んだ、ホームオフィスチェアが誕生

アクタス・カンディハウス・倉本仁・コクヨの四者の知見を融合し生まれた椅子「 FOUR(フォー)チェア」が、2022年4月末に発売。インテリア好きを唸らせるデザイン性と機能性を携えた、その魅力とは。

 

コロナ禍でリモートワークが進み、自宅で働くことが当たり前となった昨今。住環境に美しく溶け込みながら、オフィスチェアとしても活躍してくれる椅子を探している人も多いのでは。

そんなコロナ時代のニーズを汲み取り誕生したのが、倉本仁氏がデザインを担当し、商品企画をアクタス、共同開発と製造をカンディハウス、ワーキングチェアとしての機能サポートをコクヨが担当した、スペシャルな一脚「FOUR(フォー)チェア」 だ。

FOUR(フォー)チェア(2022年4月末発売予定)
サイズ:H780-870 × SH435-525 × W595(790)× D530(790)mm ※()内はキャスター付き脚部の外寸
素材:【木部】北海道産タモ材(無垢)【フレーム】アルミニウム
カラー:【木部】ナチュラル・ミディアムブラウン・ブラック
【フレーム】シルバーフレーム・クロームメッキ・ブラックフレーム
【張地】(レザー)ブラック・ブラウン、(ファブリック)チャコールグレー・グレー・ブラウン
価格:【ブラックフレーム】ファブリックシート 209,000円、レザーシート 231,000円
【シルバーフレーム】ファブリックシート 231,000円、レザーシート 253,000円
FOUR(フォー)チェア(2022年4月末発売予定)
サイズ:H780-870 × SH435-525 × W595(790)× D530(790)mm ※()内はキャスター付き脚部の外寸
素材:【木部】北海道産タモ材(無垢)【フレーム】アルミニウム
カラー:【木部】ナチュラル・ミディアムブラウン・ブラック
【フレーム】シルバーフレーム・クロームメッキ・ブラックフレーム
【張地】(レザー)ブラック・ブラウン、(ファブリック)チャコールグレー・グレー・ブラウン
価格:【ブラックフレーム】ファブリックシート 209,000円、レザーシート 231,000円
【シルバーフレーム】ファブリックシート 231,000円、レザーシート 253,000円

オフィスチェア兼ダイニングチェアとして使えるだけでなく、食事のあとのリラックタイムや子どもたちと戯れる遊びのひと時にも活躍してくれる、このマルチなチェア。人間工学では、同じ姿勢で座るよりも座りながら身体を動かせることが良しとされることから、「FOUR チェア」ではシート幅45㎝に対し、アームの内寸幅を50㎝と広めに設定。それにより「食べる・くつろぐ・働く(学ぶ)・遊ぶ」という機能性の自由度を高めたという。

 

また、オフィスチェア(働く)とダイニングチェア(食べる)では、座る姿勢や位置が異なるもの。正しい姿勢で長時間机に向き合うためには、食事の際よりも腰をシートの奥に入れて背筋が伸びる姿勢を保つ必要があるため、笠木を支える4本のフレームは深く座った際に背骨が当たるのを避けられる設計になっている。

 

木部:タモナチュラル、フレーム:シルバー、シート:レザー仕様

木部:タモナチュラル、フレーム:シルバー、シート:レザー仕様

木部:タモミディアムブラウン、フレーム:ブラック、シート:レザー仕様

木部:タモミディアムブラウン、フレーム:ブラック、シート:レザー仕様

 

そしてなんと言っても注目したいのが、自宅のプライベート空間に見事に調和する、木の温もり溢れる優美なデザイン。プロダクト単体としても思わず見惚れる美しさで、インテリア好きにはたまらないはず。

 

この春の新生活を豊かに彩ってくれる相棒として、手に入れてみてはいかがだろうか。

 

※掲載画像は開発中のサンプルにつき、実際の製品と細部の仕様が異なります

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】