DATE 2021.07.23

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】

おうち時間が増えるなか、注目を集めるプロジェクター。そこで実際にプロジェクターを愛用しているグラフィックデザイナーの中村圭介さん、野本奈保子さん夫婦のお宅を訪問! プロジェクターを使ってどんな暮らしを楽しんでいるのか、お話を伺った。

【特集】ニューファミリーのためのホームプロジェクターガイド

コロナ禍のおうち時間で注目を集めている「プロジェクターのある暮らし」。いつもの映画鑑賞やアニメ鑑賞も、プロジェクターを使って大画面で見ればたちまちスペシャルなひと時に。おしゃれファミリーのプロジェクターライフから、選び方・使い方ガイドまでFasuが総力特集!

  • 1 クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】

  • 2 子供が成長しても活躍。映画好き家族が教える、シアター気分を味わえる“プロジェクターのある暮らし”【LAファミリー編】・・・coming soon

  • 3 蔦屋家電に聞く!おすすめプロジェクター【モバイル型編】・・・coming soon

  • 4 蔦屋家電に聞く!おすすめプロジェクター【据え置き型編】・・・coming soon

  • 5 Fasuスタッフが初挑戦。プロジェクターを楽しむためのTIPS・・・coming soon

リビングにテレビを置かないという選択

ともにグラフィックデザイナーとして活躍する中村圭介さんと野本奈保子さん夫婦は、小学1年生のいちかちゃんと3人暮らし。真っ白な壁と木の温もりあふれる住まいのリビングにあるのが、大画面で映像鑑賞を楽しめるプロジェクターだ。

「3年前、この家を建てるときに、必ずしもリビングにテレビは置かなくてもいいかなと思って。その代わりに家族で楽しめるプロジェクターの購入を決めました」(野本さん)。「テレビがあると、なんとなく付けっ放しになりがちですよね。それが嫌だったのと、家族みんなで一緒に何かを観るときは大画面で楽しみたいと思ったんです」(中村さん)。

設置しているプロジェクターは、中村さんがネットで探して見つけたという、エプソンのホームプロジェクター「dreamio EH-TW6700W」。本体はリビングの一画にあるロフトスペース設置し、そこから正面にある大きな白壁に映像を投影している。

「プロジェクターの本体はロフトに置くと決めていたので、映像を入力するトランスミッターと本体がワイヤレスで接続可能なものを探しました。あと、我が家は天窓があり陽を遮ることができないので、部屋を真っ暗にしなくても使えるように、映像の明るさも重視して選びました」(中村さん)。

ワイヤレスのトランスミッターは、置き場所に困らないので便利。DVDプレイヤーなどをつなぐことも可能だが、中村家ではタブレットをつないで映画鑑賞などを楽しんでいる。

ワイヤレスのトランスミッターは、置き場所に困らないので便利。DVDプレイヤーなどをつなぐことも可能だが、中村家ではタブレットをつないで映画鑑賞などを楽しんでいる。

映像の明るさだけでなく、レンズの角度や画面の大きさも細かく調整が可能。

映像の明るさだけでなく、レンズの角度や画面の大きさも細かく調整が可能。

プロジェクターがおうち時間にもたらしてくれるもの

映画を観るときは、いちかちゃんが大好きなディスニー作品が多いそうだが、「初めて投影したときは、娘と影絵をして遊ぶこともありました。雨の日が続いて、外遊びができないときにも活躍してくれましたね」と野本さん。いちかちゃんが就寝後、夫婦どちらかが映画鑑賞をすることもあり、プロジェクターがあることで暮らしの楽しみが広がっていったという。

「コロナ禍になる前、友人を招いた際にも大活躍でした。大人たちの話が盛り上がる一方、子どもたちが手持ち無沙汰になることってよくあると思いますが、そんなときに、これで映画を流してあげたんです。タブレットを渡して『これで何か観てて』って言うよりも罪悪感がないですし、何より子どもたちが楽しんでくれるのがいいですよね」(野本さん)。

「2年前はラグビーワールドカップがあったので、これでラグビー観戦をしたり、昨年のステイホーム期間には配信ライブを楽しんだりもしました。正直、毎日使うのは難しいですが、プロジェクターがあることで家族で楽しめる“イベント”がひとつ増えた、という感じがします」(中村さん)。

家族揃っての映画鑑賞は夕食後の楽しみに

今は夕食後、“たまの楽しみ”となっているプロジェクターでの鑑賞会。週末の夕食の支度を担当するのは中村さん。その間、野本さんといちかちゃんは何を観るか相談しながら待つことも。ちなみにいちかちゃんには、積極的にプロのクリエイターが作った作品を見せているそう。

「夫もアニメが大好きなので、ディズニーでもプリキュアでもそこはなんでもOK。子ども向けとはいえ、丁寧に作り込まれたプロフェッショナルな作品は大人も楽しめるものが多いので、よく一緒に観ています。なんでも好きなものを観られる時代なので、大人が観せたいという作品に興味を持ってもらうことは難しいところもありますが、これからは少しずつ、アニメ作品ではないものも一緒に観られるようになったら嬉しいなと思っています」(野本さん)。

夕食を終えたら、家族3人並んで正面に座り鑑賞会がスタート。飲み物やお菓子を片手に、まるで映画館で鑑賞しているかのようなスタイルで楽しんでいるという。中村さん、野本さん夫婦のプロジェクターのある暮らしは、いちかちゃんの成長とともに、まだまだ楽しみ方が広がりそうだ。

■Check point!

製品名:「ホームプロジェクター dreamio EH-TW6700W」(エプソン)
使用頻度:月に2〜3回
よく観る作品:『アナと雪の女王』『美女と野獣』『トイ・ストーリー』などのディズニーやピクサーのアニメ作品

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場