DATE 2020.09.29

Vol.6 ワードローブの整理と収納【前編】

おしゃれの本格シーズン到来! ファッションのプロである染谷ファミリーが、毎日のスタイリングがぐっと楽になるワードローブの収納法そして洋服のケアについて初公開。前編である今回は、スタイリッシュにして機能的な収納テクを披露。この週末、試したくなることうけあい。

朝晩の暑さが和らいで、長袖が必要になり一気に秋冬モードに切り替わるこの頃。そんな時に無性にしたくなるのが、ワードローブの整理ではないでしょうか??? 今回は前編後編に分けて、収納とケアについて書いていきたいと思います。

 

それでは前編。ワードローブの整理と収納について。

 

まずすべきことは「着ないものを、思い切って処分する」こと。

 

これが秋の夜長にいい時間潰しになったりします。気がついたらめちゃくちゃ時間過ぎています。なんだったら少しお酒の力を借りて、勢いよく処分するのもアリかもしれません。途中で疲れ果てて放棄することもしばしばありますが、あまり力み過ぎずいきましょう。ちなみに着なくなったTシャツは靴磨き用にとっておきます。

一通り処分が済んだら、整理整頓を晴れた日に窓を開けて換気しながら行います。クローゼットから全部出して、まず中を掃除します! そして、こちらの3種の神器を用意します。湿気取り、虫除け、防虫カバーです。どんな薬局でも買えるから僕はこれらを使っちゃいます。湿気取りは結構頻繁に定期的に買い替えます。

1:パンツ

デニムなどは畳んで置いていたのですが、どうしても下のものが取りづらい。
これを解決すべく、全てハンギングに変更。ハンガーはAmazonでまとめ買い。これで探しやすくなったし、畳んだシワも気にならないのでオススメです。
ちなみに、パンツはレギュラーで着るものを10本に絞り、着まわしています。

ワードローブの整理をしてたら、軍パンのポケットから50ドル分くらい紙幣が出てきたり(笑)。なんだかラッキー!

2:Tシャツ

こんな感じでドロワーに入れています。これも縦の方が取り出しやすいという理由です。ソックスとバンダナ(ハンカチ代わり)も縦に入れます。白いTシャツは10枚ソックスも10足バンダナは15枚と枚数を決めています。

とカッコつけていますが、撮影用に整えていることは言うまでもありません(笑)。ただ、生活に必要なエッセンシャルなアイテムは数を決めておくと管理しやすいような気がします。

3:ニット

大好きなアイテムなのでヴィンテージの「ボーエモーエンセン」のカップボードをニット入れに。もう私たちがワードローブの主役ですよと言わんばかりに、大事にしています。……な、な、なのですが! これがめちゃくちゃ仕舞うのが面倒臭い。どちらかというとこのカップボードが欲しくてこんな使い方をしていますが、ニットをしまうには全然向いていない気がする。ニットの収納法、彷徨ってます。誰か教えて(笑)!

4:そのほか

アイテム別に分けて置いています。シャツはシャツだけ、ジャケットとスーツを一緒に、コートやアウターは丈の順に。コートやジャケットの内ポケットにもニット用の防虫剤を入れています。レザーのアイテムは必ず防虫カバーした方が、カビ予防にもなってオススメです。
トレーニングウェアはめんどくさいので、バスケットにドバッと放り込みます。これが意外に便利!洗って乾いたら放り込んでおく。これだけ。

冬の小物はボックスに入れてわかりやすくしておきます。マフラーやストールの間にも防虫剤はマストです。

とにもかくにもお洒落な収納以前に、使いやすいかどうかが大前提なわけです。丁寧な生活的なことに憧れるのですが、合理的なことの方が僕には合っているみたいです(笑)。

 

僕は使いやすさ重視の収納を意識しています。今ある洋服を整理し、お手入れすると愛着が湧いて、買い物も衝動買いではなく計画的になると思います。

 

……と、人にはいいながら、「買い物は出会いだ!」とか言ってめちゃくちゃ衝動買いしちゃう自分が恥ずかしいのでした。おしまい!

次回はケア編に続きます。


 

BACKNUMBER 染谷真太郎 Creative life with Three Boys!
バックナンバー

LATEST POST 最新記事

【TOKYO/From ROMY】東京に暮らすパリジェンヌROMYのおしゃれジャーナル vol.7
自然に包まれて、のびのび子育てを楽しむ居川ファミリー|HOUSE STORIES Vol.8
【LONDON/From SHIHO】ロンドン発シホのサスティナ ジャーナル Vol.6
クリスマスツリーにイルミネーション、アイスリンクも登場!東京ミッドタウンの「MIDTOWN WINTER MOMENTS」で冬を満喫