DATE 2021.11.16

もうこれ以外履けない!雨の日にザ・ノース・フェイスのスニーカーがおすすめの理由

たとえ雨が降っていても、子供を送迎し、仕事に出かけ、買い物にも出かけなければならないのが、ファミリーの宿命。雨の日ファッションが大の苦手だったFasuスタッフのFが、自分史上最高と断言する運命のレインシューズについて、重めの愛を語ります!

 

我が子がまだ未就学児の私は、毎日、保育園や習い事までの送迎が必須。そんな中でとにかくテンションがだだ下がるのが、そう、雨の日です。

「濡れずに、どう快適に過ごせるか」というのが永遠の課題なのですが、服に関しては大判のレインコートを羽織り、撥水加工のパンツを履けばなんとか濡れを防止することに成功。しかし長年私が頭を悩ませてきたのが、「レインシューズどうするか」問題でした。

 

まず長靴は「履きづらい」「蒸れる」「履き心地が悪い」の三悪で、できれば避けたい。かといっておしゃれな女性たちがこぞって愛用しているレイン用のバレエシューズだと、急な水たまりや土砂降りに心もとなく、さらに素材のせいなのか靴擦れになりやすい(涙)。どうしたものか……と悩みながらもここ10年近くショート丈の長靴を履いてきたのですが、ついに、ついに今年、自分史上最強のレインシューズに出会ったのです。

それが、こちらのザ・ノース・フェイスの「ベロシティ ニット レース GORE-TEX インビジブル フィット(ユニセックス)」。

出会いはFasuでこの夏大好評だった「ジェンダーレスなプロダクト図鑑」特集で、ザ・ノース・フェイスを取材した時のこと。その日もたまたま雨が降っていたのですた、PRのTさんとライターのEさんがこのシューズを履いており(※厳密にいうと、ライターのEさんは紐なしのスリッポンタイプ)、2人揃ってこう言ったのです。

 

「もう雨の日はこれ以外履けないですよね〜」

 

私が「え?これ、レイン用のスニーカーなんですか?」とすかさず聞くと、Tさんが「このスニーカーはニット素材なんですがGORE-TEXを採用しているので撥水されるんですよ」と丁寧に教えてくださりました。

信頼するアウトドアブランドのPRのTさんと、ファッションのプロでもあるライターのEさんがこぞって雨の日に愛用しているシューズならば、絶対に間違いないと確信。帰り道、電車に揺られながらすぐに公式オンラインサイトでポチったのは言うまでもありません。

 

こうして注文してから数日以内で届いてくれた、私の運命のレインシューズ。履いてみると、クッション性と安定感が恐ろしく抜群で「え、これなら(主に鬼ごっこをひたすらにやらされる)公園遊びも足が疲れないぞ!」と、その履き心地の良さに大感動。もちろんデザイン的にもデイリーに使用できるスタイリッシュな見た目なので、雨の日以外の活躍もイメージでき、嬉しい発見でした。

見るからに安定感が良さそうなこのソール!
見るからに安定感が良さそうなこのソール!

さらに実際に雨の日に履いてみたところ、「理科の実験ですか?」と思うくらい見事に水を弾くはじく……。雨水が染み混んでこない上に、GORE-TEXは防水透湿機能も備わっているので、蒸れないという神業。

もう「なんだこのスニーカーは!」状態で、一瞬で虜になったのでした。

年齢的にロゴアイテムが恥ずかしくなってきた今、このさりげないロゴもおしゃれで嬉しい。
年齢的にロゴアイテムが恥ずかしくなってきた今、このさりげないロゴもおしゃれで嬉しい。

夫はあまりに私が絶賛するので、まさかのおそろ買い。今では夫婦共々、雨の日から週末キャンプまでこのスニーカーにお世話になりまくっています。

 

レインブーツが苦手、蒸れないレインシューズを探している……そんな方は、ぜひチェックしてみてください!

 

スタッフF

 

>>【特集】ジェンダーレスなプロダクト図鑑より。ジェンダーレスに着こなせる、ザ・ノース・フェイスの「MTY ピッカパックレインコート」もぜひチェックを!

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛