DATE: 2019.03.06

春の風物詩!「FLOWER GARDEN 2019」が横浜赤レンガ倉庫で開催

毎年恒例となっている横浜赤レンガ倉庫主催の春イベント「FLOWER GARDEN 2019」。今年は“港の見えるフラワーガーデン”をテーマに開催。

2019年3月29日(金)〜4月21日(金)まで、約8,000株の草花が横浜赤レンガ倉庫を春色に染める「FLOWER GARDEN 2019」が開催されます。

13回目の開催を迎える今年は、開港160周年を迎える横浜港と緑のコラボレーションを目指し、“港の見えるフラワーガーデン”をテーマに設定。会場エントランスにはハート型のフラワーアーチ、中の庭園内にはクマやウサギをはじめとする動物のトピアリー、奥の横浜港を臨む広場にはピンクのマーガレットで作られた、高さ7mのシンボルツリーがそびえる“マーガレットの丘”が出現。シンボリックなフラワーアートの数々が来場者の目を楽しませます。

また、会場内にあるドライフラワーカフェ&バー〈HANABAR〉では、食べられる花として知られるエディブルフラワーを使ったフード ・ドリンクの販売や物販、ドライフラワーを使ったワークショップを開催。さらに日没後は会場が華やかにライトアップされるなど、朝から晩まで盛りだくさんの内容をお届けします。横浜の春を感じにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ

LATEST POST 最新記事

【LONDON/From SHIHO】ロンドン発シホのサスティナ ジャーナル Vol.5
「ザ・ノース・フェイス」マタニティライン新作は、“通気”に着目した防寒アウター
Vol:4 子どもたちと海洋マイクロプラスチックについて考える。プロジェクト「OMNI」が拡げる可能性
IN THE PASTEL ROOM  色彩豊かな暮らしの中で多様な個性を育む