DATE: 2017.12.28

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」&ムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープン!

ムーミンの世界を体験できる施設〈metsä(メッツァ)〉が、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした広大なエリアにオープン。パーク内は2つのゾーンに分かれ、2018年秋に北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」が、2019年春にはムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」がオープンします。

小さな発見に満ちた北欧時間の流れる森と湖

フィンランド語で“森”を意味するメッツァ。その名の通り〈metsä〉では、6つの体験価値“挑戦、創造、共有、解放、探求、創造”の提供し、北欧時間がゆっくりと流れる森と湖でこころの豊かさを取り戻し、その温かな気もちを日常生活へと持ち帰れるような場所を目指しています。

※イメージ画像

「メッツァビレッジ」は北欧のライフスタイルを提案し、入場無料で誰もが気軽に楽しめる場所です。自然豊かな公園、そして自然を身近に感じられる施設やアクティビティを展開する他、新鮮な地元野菜や工芸品などを購入できるマーケット、湖を眺められるレストラン、様々なプログラムが体験できるワークショップ施設も計画されています。

©Moomin Characters TM ※イメージ画像

ムーミン一家とその仲間たちに出会える「ムーミンバレーパーク」では、彼らが仲良く暮らすムーミン屋敷や物語を体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋が設置。また、ムーミンの物語の魅力や、原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じられる施設の登場も予定しています。さらに、「ムーミンバレーパーク」のオリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども計画されています。

ムーミンの世界観を再現するとともに、ムーミンに登場するキャラクターたちに出会える施設は、ファンにとって見逃せない場所になりそうです。

LATEST POST 最新記事

6歳以下の子どもが対象! 土屋鞄製造所が、絵本のキャラクター原案を募集
EVERGREEN  いたいけな視線が捉える揺るぎない未来の姿
セミの幼虫は土の中に何年いる?
フォトグラファー北村圭介、初の写真集『-14.1℃』発売