DATE: 2021.01.22

めくるめく同音異義語の世界へ! 親子で夢中になれるナンセンス絵本『とっています』

「雨(あめ)」と「飴(アメ)」、「花(はな)」と「鼻(はな)」のように、日本語にはたくさんの同音異義語が存在する。そんな1つの同音異義語だけでストーリーが進む、なんともシュールな絵本が誕生した。
『とっています』 世界文化社 本体1,100円(税別)

赤ちゃんが夢中になると話題の絵本『もいもい』で知られる絵本作家、市原淳氏の新作『とっています』は、ふたりのお相撲さんの「とっています」の一言だけで話が展開していくユニークな一冊。

おすもうさんが すもうを 「とっています」。
そのうち ちょうちょを 「とっています」。
そのあと バランスを 「とっています」。

出てくるのは、いろいろな「とっています」。同じ「とっています」なのに意味は異なり、読み進めるほどにじわじわと笑いがこみ上げること必至! コミカルなイラストとともに日本語の面白さ、奥深さを再発見できる。

また、絵本の発売を記念して『とっています』オリジナルの特製紙相撲を配布。ウェブサイト「PriPri Online」で無料でダウンロードできるので、おうち遊びに役立てて。

LATEST POST 最新記事

初夏は手作り酵素ジュースの季節。HITOTEMA流メソッドも公開!
大人も子どもも五感をフル活用してアートを体感!<br>「美術にアクセス!ー多感覚鑑賞のすすめ」
THREEのホームフレグランスが新登場。空間を香りでデザインして心地よい家時間を
スタジオ地図と宇宙ミュージアムTeNQのコラボ企画展が7月スタート。空の美しさと雲の不思議を満喫