DATE: 2021.01.22

めくるめく同音異義語の世界へ! 親子で夢中になれるナンセンス絵本『とっています』

「雨(あめ)」と「飴(アメ)」、「花(はな)」と「鼻(はな)」のように、日本語にはたくさんの同音異義語が存在する。そんな1つの同音異義語だけでストーリーが進む、なんともシュールな絵本が誕生した。
『とっています』 世界文化社 本体1,100円(税別)

赤ちゃんが夢中になると話題の絵本『もいもい』で知られる絵本作家、市原淳氏の新作『とっています』は、ふたりのお相撲さんの「とっています」の一言だけで話が展開していくユニークな一冊。

おすもうさんが すもうを 「とっています」。
そのうち ちょうちょを 「とっています」。
そのあと バランスを 「とっています」。

出てくるのは、いろいろな「とっています」。同じ「とっています」なのに意味は異なり、読み進めるほどにじわじわと笑いがこみ上げること必至! コミカルなイラストとともに日本語の面白さ、奥深さを再発見できる。

また、絵本の発売を記念して『とっています』オリジナルの特製紙相撲を配布。ウェブサイト「PriPri Online」で無料でダウンロードできるので、おうち遊びに役立てて。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】