DATE: 2021.03.16

ミッフィーがお出迎え。JR横浜駅南改札内に「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」がオープン!

ミッフィーでおなじみの絵本作家、ディック・ブルーナの名を冠したワインバル&カフェレストランが、JR横浜駅南改札内のエキュートエディション横浜に誕生。大人も子ども楽しめるメニューや、ここでしか手に入らないオリジナルグッズも販売される。
緊急事態宣言発令中は予約来店した方のみ入店可能。予約は「ディック・ブルーナ テーブル」公式サイトにて受付中。
※画像はイメージ
緊急事態宣言発令中は予約来店した方のみ入店可能。予約は「ディック・ブルーナ テーブル」公式サイトにて受付中。
※画像はイメージ

JR横浜駅南改札内というアクセス便利な場所にオープンした「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」。本格ワインバルを有する店内では、ディック・ブルーナの故郷オランダの郷土料理を取り入れたメニューや、ミッフィーモチーフのスイーツなどを提供。大人も子どもも、それぞれが好きな味を楽しめるのが魅力だ。

店内に入るとすぐ、雲に乗ったミッフィーのライトがお出迎え。
※画像はイメージ
 

店内に入るとすぐ、雲に乗ったミッフィーのライトがお出迎え。
※画像はイメージ  

飲食スペースは、ディック・ブルーナの絵本がディスプレイされたカフェスペースのほか、ブラック・ベアの作品に浸れるシックな空間も。それぞれがカーテンで仕切られており、過ごす場所によってディック・ブルーナの異なる世界観を堪能できる。

(左)「アフタヌーンデザートセット」はオリジナルのミッフィーホルダーで提供。(中)ミッフィーとブラック・ベアのケーキバー。ミッフィーはチーズケーキ、ブラック・ベアはチョコレートケーキ。(右)ハーブ&野菜たっぷりの「DBT特製花束サラダ」
 
 

(左)「アフタヌーンデザートセット」はオリジナルのミッフィーホルダーで提供。(中)ミッフィーとブラック・ベアのケーキバー。ミッフィーはチーズケーキ、ブラック・ベアはチョコレートケーキ。(右)ハーブ&野菜たっぷりの「DBT特製花束サラダ」  

 

またグッズコーナーでは、コーヒーが染みると「ミッフィーが茶色くなる!」とSNSで話題のミッフィーシュガーや、オリジナルトートバッグ、店内でも使用しているカトラリーやワイングラスなどを販売。

ファスナー付きの内ポケットや、ボトルを入れても倒れないボトルホルダーなど、使い勝手抜群のオリジナルトート。YOKOHAMA限定の赤が登場。 
 

ファスナー付きの内ポケットや、ボトルを入れても倒れないボトルホルダーなど、使い勝手抜群のオリジナルトート。YOKOHAMA限定の赤が登場。 

 

2021年3月21日(日)までの期間、YOKOHAMA限定トートバッグ購入した毎日先着50名に、オリジナルロゴ缶バッチをプレゼント。 

2021年3月21日(日)までの期間、YOKOHAMA限定トートバッグ購入した毎日先着50名に、オリジナルロゴ缶バッチをプレゼント。 

今後も、ディック・ブルーナのイラストをあしらったオリジナルラベルワインや、フードのテイクアウトも始まる予定。子連れでも一人でも、さまざまな楽しみ方ができる「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」。横浜を訪れたら、ぜひ足を運んでみて。

Dick Bruna TABLE YOKOHAMA (ディック・ブルーナ テーブル 横浜)

住所:横浜市西区高島2-16-1 JR東日本横浜駅エキュートエディション横浜
営業時間:11:00 - 23:00(LO 22:00)

※緊急事態宣言発令中は混雑を避けるため、予約来店の方のみ入店可能。
※改札外からご利用の場合は、JR東日本 横浜駅を区間に含んだ乗車券類、または、入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。なお、Suica等の交通系ICおよび定期券は、入場券としてご利用いただけませんのでご注意ください。
(3月13日以降はICでも入場券利用が可能になります)
※営業時間は変更になる可能性があります。詳しくはHPをご覧ください。

Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

東京の屋内アスレチックで雨の日も運動不足を解消!おすすめ施設5選
千葉・稲毛海浜公園内にグランピング施設「small planet CAMP & GRILL」が4/22(木)オープン
芸術×科学が生んだ“ストランドビースト”が登場!「現代のダ・ヴィンチ」テオ・ヤンセンの展覧会
「THE ドラえもん展 SAPPORO 2021」がいよいよ開幕。現代アート×ドラえもんで新たな夢の世界へ!