DATE: 2021.04.30

赤ちゃんの靴問題を解決! ベビーシューズ「Bukubeebaby」がMakuakeで先行販売中

「赤ちゃんに靴を履かせると泣いてしまう」「抱っこしたままでもサッと履かせたい」そんな赤ちゃんの「靴」にまつわる悩みやジレンマを解消するベビーシューズがアメリカから上陸! 応援購入サイトMakuakeにて、2021年5月15日(金)まで先行発売中だ。

着脱のしやすさや、赤ちゃんの履き心地、サイズやデザインなど、とかく親にとって悩ましい赤ちゃんの“靴問題”を解決してくれるのが、Makuakeで先行販売中のベビーシューズ「Bukubeebaby」。

size1の片足の重さは約32g! 室内での靴の練習や、ベビーカーでのお出かけに最適。

size1の片足の重さは約32g! 室内での靴の練習や、ベビーカーでのお出かけ最適。

まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんが履くsize1-2(11.4~12.1cm)は、つま先まで「カパっと開く」フルジッパータイプを採用。装着する際は、全開になった靴のインソールに赤ちゃんの足を合わせてジッパーを上げるだけでOK。靴に足を入れる必要がないので、驚くほどスムーズに装着が完了する。また、ソール部分と赤ちゃんの足を目視で確認できるので、サイズアウトのタイミングも見逃さないのもありがたい。

活発に歩き始めた子ども用のsize3-5(12.8~14.1cm)は、ジッパーの破損からつま先を守るためのショートジッパータイプに。ソール部分はラバーソールになっていて、転倒や滑りを防止する。どちらのシューズも、素材には牛革と羊革2種類のプレミアムレザーを贅沢に使用。柔らかな質感で子どもの足にフィットする。

革の風合いを生かしたシンプルなデザインや、洗練されたカラーリングも魅力の「Bukubeebaby」。写真をたくさん撮る赤ちゃん期だからこそ、おしゃれなデザインのものを選びたいという人も、きっと満足できるはず。Makuakeでの先行販売は5月15日までなので、気になる人は早速チェックして!

LATEST POST 最新記事

まるで本物みたい!多彩ないきものたちの姿を土のアートで魅せる展覧会
子どもとのアウトドアに必須! Teva®のスポーツサンダルに新色が登場
屋上菜園、野菜の新コレクション計画進行中!【谷尻直子連載VOL.2】
SE構法に欠かせない“集成材”。安全性を高めるための製造過程とは?|森から生まれる、木の住まい。Vol.2