DATE: 2021.06.04

日常もアウトドアでも活躍! まな板になるお皿「CHOPLATE(チョップレート)」

「フルーツやパンをちょっと切りたい」「テーブルの上の料理を子どもが食べやすいサイズに切り分けたい」という時に便利なのが、まな板でありお皿にもなる「チョップレート」。電子レンジと食洗機にも対応し、アウトドアでも使いやすいから多彩なシーンで活躍しそう!

クリエイティブユニットTENTと、大阪のプラスチック成型加工メーカーである河辺商会とのコラボレーションによって生まれた「チョップレート」は、切り立てを食べられる新発想のお皿。

軽量で高硬度なSPS材を成型した一枚は、十分な硬さがありながら落としても割れない柔軟さを兼備し、屋外のキャンプでも活躍。食材のおいしさが際立つように、表面には中心から広がった独特の模様とザラついた仕上げを施したほか、この素材にしか出せない質感と硬さでナイフ傷も目立ちにくくなっている。

切りやすく食べやすいフォルムを追求し、お皿のふちは絶妙なカーブに。また、液体が滴ることなく、食材をカットする時も邪魔にならない最小限の高さに設計している。

複数枚を揃えておけば、お肉&魚、チーズ&パンなど食材別にカットできるので、調理中にまな板を何度も洗い流す必要もなく、料理の支度がぐっと楽に。重ねることもできるので、食器棚にきれいに収納できるのもうれしい。

家の中でも外でも使うことができる「チョップレート」なら、アウトドア用にまな板やお皿を揃える必要もなく、収納スペースも節約できて一石二鳥! 

LATEST POST 最新記事

THREEのホームフレグランスが新登場。空間を香りでデザインして心地よい家時間を
スタジオ地図と宇宙ミュージアムTeNQのコラボ企画展が7月スタート。空の美しさと雲の不思議を満喫
大人にも子どもにも効く「哲学対話」ってなに?
アレルギーの子どもも食べられる、ヴィーガン&グルテンフリーの「ピスタチオクッキー缶」