DATE: 2021.07.30

8/9まで開催。子どもの想像力を刺激する展覧会『もるめたも展 – あそびとへんしんの研究所』

アニメーション&絵本『もるめたも』の完成を記念して、2021年8月9日(月・祝)まで、東京・高田馬場の新スペースBaBaBaにてエキシビションが開催中。子どもと大人が一緒に楽しめる仕掛けが満載なので、夏休みにぜひ足を運んでみては?
原作はReframe Lab、絵本・アニメのビジュアルを担当するのはアーティストのひらのりょう氏、音楽はOLAibi氏、ナレー ションにコムアイ氏を迎えて制作。

原作はReframe Lab、絵本・アニメのビジュアルを担当するのはアーティストのひらのりょう氏、音楽はOLAibi氏、ナレー ションにコムアイ氏を迎えて制作。

豊かな想像力を育む「あそび」や「まなび」を開発し、アート、教育、医療、 福祉がつながるプラットフォームを構築していくプロジェクト 「Reframe Lab」。2020年度は様々なアーティストとの協働により“ ミエナイモノ ” を感じ、体験し、 その想像力を耕す「あそび」のプログラムを開発してきた。そこから生まれたのが、一冊の本とアニメーション『もるめたも』。




© ひらのりょう(FOGHORN)
© ひらのりょう(FOGHORN)

『もるめたも』は、それまで「自分」だと思っていたものが、あるとき水に、鳥や風に、土中の菌から宇宙にまで変容していくメタモルフォーゼ(変容)の物語。また絵本には「あそびとまなびの観察ノート」と題して、大人向けのコラムページと、 Reframe Labが開発してきたワークショップのあそびかたガイドを掲載。「あそびの可能性」をテーマに、多様な領域の方々によるコラムも収録されている。




© ひらのりょう(FOGHORN)
© ひらのりょう(FOGHORN)

開催中のエキシビション『もるめたも展 – あそびとへんしんの研究所』の会場には、絵本やアニメーションの世界に入り込み、子どもたちが研究員として、見て、触れて、感じて、たくさんの発見や想像の種を膨らませる仕掛けが散りばめられてる。

© ひらのりょう(FOGHORN)
© ひらのりょう(FOGHORN)

8月1日(日)には、子どもたちだけでなく、大人も楽しめるオンライントークイベントも開催。ぜひこの機会に、ミエナイモノとの遊びを体験してみて。 

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】