DATE 2022.03.24

圧倒的な高級感で魅了。黒川鞄工房の「シボ牛革」ランドセルシリーズの新色は争奪戦必至【2023年ラン活NEWS】

明治28年の創業時より、厳選された素材を使用し、熟練の職人たちが140もの工程を手縫いで作り上げることで最高品質のランドセルを届けてきた「黒川鞄工房」。2023年入学用モデルでは、ニュアンスカラーがおしゃれな新色が登場!

発売と同時にすぐに完売してしまうシリーズもあるほど、毎年注目度の高い黒川鞄工房の「はばたく®️ランドセル」。

最高品質の素材選び・職人技が光る丈夫な作り・子どもたちを想い考え抜かれた使い心地の良さ。それらを見事に叶えた上質なランドセルは、多くのファミリーにとって憧れの存在だろう。

 

特に天然皮革を使ったランドセルに定評があり、思わず撫でたくなる柔らかな「スムース牛革」、キズが目立ちにくい「シボ牛革」、“革のダイヤモンド”といわれ、馬革の中でも稀少部位である「コードバン」を使用したモデルなど、天然皮革だけでも合計13シリーズを展開している。

長い冠が繭のようにくるりと本体を包みこむデザインの「長冠鞄コードバン」は、まるで芸術品のような美しさ。  
 
長冠鞄コードバン(全2色) ¥198,000(送料無料)
長い冠が繭のようにくるりと本体を包みこむデザインの「長冠鞄コードバン」は、まるで芸術品のような美しさ。  
 
長冠鞄コードバン(全2色) ¥198,000(送料無料)

2023年入学モデルでは、牛革ランドセルの中でも扱いやすいと毎年人気の「シボ牛革 キューブ型」シリーズに、新色2色が登場。

以前よりユーザーから「都会的なくすみ色を出して欲しい」という要望が高かったこともあり、ニュアンスカラーの「ピスタチオ」と「グレージュ」が追加された。

「シボ牛革 キューブ型」シリーズの新色。左からピスタチオ、グレージュ
「シボ牛革 キューブ型」シリーズの新色。左からピスタチオ、グレージュ

実は人工皮革であれば新色展開は容易だが、自然由来の天然素材では技術的にかなり難易度が高く、今回の新色は完成までに3年を要したそう。満を持して発表されたその美しいカラーリングは要チェックだ。

シボ牛革 キューブ型(全12色) ¥78,000(送料無料)
 
牛革の表面に細かなシワ加工を施すことで、傷が目立ちづらいと言われる「シボ牛革」を使用したシリーズ。形状はランドセルのヘリをなくすことで軽量化を実現した「キューブ型」を採用。コンパクトな見た目とは裏腹に大容量で撥水性もあるので、使い勝手は抜群。
シボ牛革 キューブ型(全12色) ¥78,000(送料無料)
 
牛革の表面に細かなシワ加工を施すことで、傷が目立ちづらいと言われる「シボ牛革」を使用したシリーズ。形状はランドセルのヘリをなくすことで軽量化を実現した「キューブ型」を採用。コンパクトな見た目とは裏腹に大容量で撥水性もあるので、使い勝手は抜群。

黒川鞄の 天然皮革ランドセルは7万円台から20万円台までと価格帯が幅広く、特徴も様々。「我が子には憧れの天然皮革を」と考えている人は、その多彩なフルラインナップをまずは公式サイトやカタログ、店頭でご確認を。

もちろん天然皮革モデルだけでなく、高級な人工皮革・クラリーノ®️素材を使用した6万円台から手に入る「クラリーノ®️Fキューブ型」シリーズもあるので、軽さを重視したい人はこちらもおすすめだ。

各シリーズは順次販売中なので、気になるランドセルがある人はお見逃しなく!

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】