DATE 2021.05.08

ワンマイルお外時間を全力で楽しむための、キッズ・アクティビティのアイデア4選

まだまだ旅行や遠出はできないけれど、ちょっとおうちの外へ出るだけでも、十分気持ちのいい季節。貴重な”お外時間”を、子供たちに思う存分満喫してほしい。そこで、彼らが夢中になるようなアウトドア・アクティビティを4つご紹介!

外で過ごす時間が最高に気持ちのいい季節がやってきました。開放的な空気のなか、大人はいくらでものんびり過ごせるけれど、子供はそうはいかないもの。すぐに「飽きた〜、スマホ見せて〜」なんて言い出しかねないから要注意。

 

ならば、子供たちを夢中にさせるアウトドア・アクティビティを用意してみるのはいかが? どれも簡単に準備できるものばかり。今度の休日は、ぜひ、子供と一緒に楽しんでみて!

 

1.ビンゴゲームで、楽しくネイチャー・ハンティング! 

まずご紹介するのは、ビンゴ。マス目に、ちょう、黄色い花、雲…など、自然に存在するものを描いたビンゴで、見つけたらシールを貼り、縦横斜め、いづれか1列になるのを目指します。

子供たちが描かれたものを夢中で探す姿は、まるで宝探しをしているよう。こんなところにきれいな花が咲いている、とか、ダンゴムシが石の下にいっぱいいる、とか、発見もたくさん。無理なく自然と触れ合えるアクティビティです。
子供と一緒に探すのもいいし、家族で競走するのも、盛り上がるはず!

 

ビンゴに描かれたお題の花を見つけて大興奮の子供。「それは菜の花っていうんだよ」など、会話を弾ませてみて。

ビンゴに描かれたお題の花を見つけて大興奮の子供。「それは菜の花っていうんだよ」など、会話を弾ませてみて。

今回使用したビンゴはPDFをダウンロード可能。もちろん、手作りでビンゴを作っても!

今回使用したビンゴはPDFをダウンロード可能。もちろん、手作りでビンゴを作っても!

2. 大空の下で遊びたい、手作りパラシュート

以前、Fasuの動画シリーズ「BE CREATIVE 」でも紹介し、好評だった手作りパラシュート。基本、必要なのは、ビニール袋とタコ糸、そしておもり(粘土など)。お手軽で、作り方も簡単なのに、本物のパラシュートのように傘が開いてふわふわ落下するのがおもしろい工作。作ったら、ぜひ、開かれたアウトドア空間で楽しんでみて。

 

遊び方は、いたってシンプル。小さく畳んで、思いっきり空に向かって飛ばすだけ。すると、下に落ちる瞬間に傘が開き、落下します。風が吹いていれば、その風を受けて、結構な距離飛んでいくので、子供たちはそれを追いかけて走る走る。これが、結構な運動量に! 家の中ではできない、外ならではのパラシュートの遊び方です。

 

毎回軌道が変わるのがおもしろいパラシュート。飽きることなく追いかける子供たち。汗だくになること必至!

毎回軌道が変わるのがおもしろいパラシュート。飽きることなく追いかける子供たち。汗だくになること必至!

ビニール袋、タコ糸、粘土などの重りでできるパラシュート。
 

ビニール袋、タコ糸、粘土などの重りでできるパラシュート。

 

3. ロケット発射! アウトドアで楽しむ点取りゲーム

子供は点を競うようなゲームが大好き。そこで、おすすめなのが、こちら。

 

用意するのは、トイレットペーパーと輪ゴムで作ったロケット。別に用意したラップの芯を押し込んで手を離すと、ゴムの元に戻る力でロケットがビュンと飛ぶ仕組み。こちらも「BE CREATIVE」で以前紹介したものです。

 

落ちている枝や石で地面に点数を表記したら、ロケットを飛ばして、その落下地点の点数を競う。原始的、でも、だからこそ楽しい、子供が夢中になること間違いなしのアクティビティです。

ロケットじゃなくても、飛ばすものなら何でもOK。家の中では、何かを飛ばす遊びって、物が壊れるんじゃないかと、なかなかさせられないもの。たまには外で思いっきり楽しませてあげるのはいかが?

廃材で作れるロケット。作り方はこちら。
廃材で作れるロケット。作り方はこちら。

4. 子供の永遠のロマン! 自然の中で宝探し

宝探し、って聞くと、子供じゃなくてもワクワクするもの。広いアウトドア空間でやる宝探しなんて、子供が夢中にならないはずありません!

この時に便利なのが、イースターで使われるエッグケース。適度な大きさで隠しやすく、中が見えないので、開ける時の期待感もグッと高まります。カラフルな見た目も楽しい。

今回、エッグの中に入れたのは、折り紙で折った手裏剣やモールで作った指輪など、手作りのもの。子供は探して見つけ出すこと自体を楽しむので、中身にお金をかける必要はないのです。それより数多く隠す方が喜びます。

小さいお子さんの場合は、見つけやすいところに隠すのがポイント。あまり難しいと投げ出してしまいます。「見つけた!」という達成感を味わわせてあげて。

 

 

まだまだ先が見えない今。特別なことは企画できなくても、工夫次第で子供の心に残るお外時間は実現できます。

子供のたくさんの笑顔を想像しながら、準備してみませんか?

LATEST POST 最新記事

「おうちギャラリー」始めませんか?増える一方の子供の絵や工作のクリエイティブなディスプレイ術
ニューノーマル時代の家電カタログ
東京オペラシティアートギャラリーで「和田誠展」が開催。国民的イラストレーターの新たな魅力を発見
シュライヒのセットや、おうちに飾りたいイエローコーナーのアートフォトをプレゼント!Fasu、秋の新規会員キャンペーン【第一弾】