DATE 2020.01.21

今年の干支、ねずみの絵本【2歳〜向け】

気になるテーマの絵本を3冊セレクトしてお届けする絵本ガイド。今回のテーマは、今年の干支、ねずみの絵本です。新しい年を迎えました。今年は「子年」。干支を知る意味でも、かわいいねずみたちが登場する絵本を選んで、家族で読んでみてはいかがでしょうか。
『フレデリック ちょっとかわった のねずみの はなし』 作/レオ=レオニ 訳/谷川俊太郎 好学社 本体1,456円(税別)

レオ=レオニの名作絵本のひとつ『フレデリック』。

『スイミー』『あおくんときいろちゃん』などで知られる絵本作家レオ=レオニは、ねずみたちを主人公にした絵本をたくさん描いています。中でも人気なのがこの『フレデリック』。冬に備えて食べ物を蓄えるほかのねずみたちをよそに、一見何もしないで「おひさまの ひかりを あつめているんだ」「いろを あつめているのさ」と、のんきに答えるフレデリック。暗く長い冬の間、フレデリックの集めたものはどう役に立つのでしょうか。

 

ちょっと変わったことをしていても、それがみんなの心を支えるものを生み出すことがあるかもしれない。少し難しいテーマかもしれませんが、立体感のある切り絵で描かれたかわいいフレデリックたちの様子と谷川俊太郎さんの軽やかな言葉遣いで、するすると読むことができます。最後の得意げなフレデリックの表情とセリフがとても愛らしく、ずっと側に置いておきたい1冊です。

『ねずみさんのながいパン』 作/多田ヒロシ こぐま社 本体900円(税別)

おいしいものがたくさん出てくる『ねずみさんのながいパン』。

ロングセラー絵本をいくつも手がけている多田ヒロシさんのねずみ絵本から。やさしいタッチで描かれた動物たちがたくさん登場するので2歳くらいから楽しく読める絵本です。なが〜いパンを持ったねずみさん。パンをどこに届けるのでしょう。「このうちかな?」といろんなお家を訪ねます。ぞうさん、きりんさん、らいおんさん……みんなが大好きな動物たちはどんなご飯を食べているでしょう。また、それぞれの特徴をとらえたお家も楽しい。「これは誰のお家かな?」と一緒に考えながら読み進めるのも楽しいはず。で、結局ねずみさんがパンを届けた先は……。読み終わったら、おいしいパンとチーズが食べたくなるかも!

『ねずみのシーモア』 作/池田朗子 絵/福田利之 あかね書房 本体1,300円(税別)

喫茶店で暮らすねずみのおはなし『ねずみのシーモア』。

実際に、原宿にある絵本の読める小さな喫茶店「SEE MORE GLASS」から生まれた絵本です。主人公は喫茶店に住んでいる小さなねずみのシーモア。ある夜、1冊の黄色い本が落ちてきます。その本のページの間から現れたのは紙のようにペラペラのねずみ、エニモ。エニモは「本の中」の冒険の世界へとシーモアを誘います。「本」を通してさまざまな世界へと旅立てること。そして、それによって育つ好奇心や冒険心の大切さを教えてくれます。

LATEST POST 最新記事

【TOKYO/From ROMY】東京に暮らすパリジェンヌROMYのおしゃれジャーナル vol.7
自然に包まれて、のびのび子育てを楽しむ居川ファミリー|HOUSE STORIES Vol.8
【LONDON/From SHIHO】ロンドン発シホのサスティナ ジャーナル Vol.6
クリスマスツリーにイルミネーション、アイスリンクも登場!東京ミッドタウンの「MIDTOWN WINTER MOMENTS」で冬を満喫