DATE 2020.04.25

Vol.1 子どものTシャツその極意

『Fasu』と『MilK JAPON』をご愛読のみなさま、はじめまして!
〈Shinzone(シンゾーン)〉というお店を営んでいる染谷 真太郎と申します。〈Preloved(プレラブド)〉というお店も骨董通りでやっております。

 

〈Shinzone〉は「デニムに合う上品なカジュアル」というコンセプトのもと2001年に誕生し、来年で20年になります。僕が〈Shinzone〉をスタートした時は20歳でした。それが今年で40歳になります。あっという間のような長かったような。

 

そんな月日の中で3人の男の子に恵まれ、団子三兄弟とはまさにこの事という日々を過ごしています。洋服が好きで洋服屋になったので、学生のころから洋服三昧。根っからの洋服バカという青春を過ごしてきました。アウトドアなどとは無縁な自分でしたが、子どもが生まれてからは、キャンプに行ったり、海に行ったり、雪山に行ったり……と自分でも驚くほどにアウトドアな週末を過ごしています。湖でカヌーとかしてる自分なんて想像もつかなかったのですが、案外自然が好きだったんだな~と、この生活を楽しんでいます。

このコラムの「Creative Life with Three Boys!」というタイトルですが、クリエイティブなことを考えるのに子どもたちと自然のなかで過ごすことや、くらしのなかでの発見がヒントになることもたくさんあります。

 

『Fasu』と『MilK JAPON』を読んでいる方はきっとクリエイティブなことに関心のある方が多いと思います。子ども服のことだったり、おうちのインテリアのことだったり、カッコよくて使いやすいキャンプ道具や、子どもたちと遊ぶ時の道具だったり……実際に僕が使ってみたりして良いなと思うものをみなさんとシェアしたりすることで、みなさんの日々が少しでも楽しく充実したものになってくれたらと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが、今日はこれからの時期に子どもたちのマストアイテム「Tシャツ」ついて。

Tシャツ

子どもたちはとにかく洋服を汚しますよね。だから気兼ねなく着られるものが良いと僕は考えています。我が家の定番はカレッジものか美術館、博物館Tシャツです。

 

海外出張に行った時にまとめて買うのですが、ニューヨークならニューヨーク大学やコロンビア大学に行って購買部みたいなところで買います。種類がむちゃくちゃ豊富にあってベビーから大人までしっかりあります。美術館や博物館も可愛いTシャツがたくさんあります。ちなみにスエットパーカーとかもあるので、トップスはこれらで全てカバーします。あとはアメリカでは、へインズのキッズ用の白いパックTをスーパーでまとめ買いします。アメリカに行く際はぜひ、かわいいのに本物で、なおかつリーズナブルなTシャツをゲットしてみてください。おすすめです!

余談ですがパンツは〈J.crew(ジェイ・クルー)〉のオンラインで購入することが多く、ショーツもフルレングスも豊富にあっておすすめです。靴は〈adidas(アディダス)〉のスポっと履ける「スーパースター」か「スタンスミス」が定番です。

 

P.S.

今、新型コロナウィルスで世界中が大変な状況にあります。子どもがいて外出ができないのは本当に大変です。まさに我が家もです。でもあともう少しの辛抱です。STAY HOME!

 

みなさんの健やかな日々を願っています。


BACKNUMBER 【新連載】染谷真太郎 Creative life with Three Boys!
バックナンバー

LATEST POST 最新記事

カメラマンは子どもたち!「こどもがまんなかフォトコンテスト」開催
【PARIS/From GAELLE】パリのママンGAELLEが綴るアートなライフスタイル ジャーナル Vol.1
【空気清浄機編】おうち時間を快適にする注目のインテリア家電
稲垣晴代(MOMOE)|わたしと家族と、 家ものがたり。Vol.7