DATE 2018.12.08

そんなふう 42

3年前、出会ってから20年が経つ長年の同い年の親友と、自分がほぼ同時期に妊娠した。正確に言うと彼女のほうが2ヶ月先だったので、妊娠時はもちろん、いまも子育てについて色々と相談できて心強い。間を置かずに親子でよく会っているのだけれど、先日うちに遊びに来てくれたときに、いままでにないくらいに2歳の子ども達がコミュニケーションをとるようになったことに気がついた。前回会った時にもボール遊びをしたりして一緒に遊んだけれど、会話は成り立っていない感じだったのだ。ところが今回は二人でうなづきながら会話している。ついに会話するようになったね、、なんかお互いにわかってるみたい、と二人の様子を感慨深く見守りながらお茶する親たち。

若かった頃の、いまよりももっと慎重さが足りなくて、幼稚だった自分も知っていて、それでもずっと友達でいてくれて、サポートしてくれている彼女と同じタイミングで子どもを持てたことは、ご縁があるいえばそれまでなんだけど、感謝せずにはいられない巡り合わせを感じる。お互いに子どもを授かるには難しい年齢だったというのもあり、奇跡的だとも思う。それは基本的には辛い人生の、素晴らしい側面でもあるのだ。

BACKNUMBER 川内倫子 そんなふう
バックナンバー

LATEST POST 最新記事

マルハニチロに聞いた、家族のための海のSDGs。未来もお寿司を⾷べるために、今できること。
手足が動くのがかわいい! 段ボールのアップサイクルで、今年の干支、トラをつくろう【Be Creative!】
防寒から日焼け対策まで!冬も夏も使えるアウトドアアイテムを教えます【谷尻家流キャンプのワードローブリスト】
ストレスを払い、幸運を引き寄せる! 風水+写真で、家族がハッピーになるリビング作り