DATE: 2017.01.27

日本のものづくりを世界へ発信。展示・即売会「MONO JAPAN ‒ Japanese Craft & Design」をアムステルダムで開催

日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会「MONO JAPAN ‒ Japanese Craft & Design」。昨年につづき2 度目の開催となる今年もアムステルダムのカルチャー発信の中心であり、世界中からクリエイターが集うロイドホテルで、2月2日〜2月5日までの3日間にわたり開催されます。

未来へつなぐ、日本のインスピレーション

世界のデザインシーンを牽引する国、オランダのアムステルダムで開催される展示・即売会「MONO JAPAN ‒ Japanese Craft & Design」。ここでは日本のものづくりやデザインの今、そしてそれらの歴史・伝統・背景をオランダやヨーロッパの方々へ発信しています。日本から出展するのは、陶磁器、テキスタイル、刃物、和紙、家具、漆器など、日本特有の伝統工芸をベースとしたプロダクトから、お茶に至るまで、バラエティに富んだ魅力的な製品。期間中は、クリエイターや専門家から見た日本のものづくりの魅力に関するトークイベント、出展者によるワークショップなども開催。集まる人が単に日本のモノを知るだけでなく、何かインスピレーションを受け、発展的につながる場になっています。

また、会場となるロイドホテルは、元は刑務所としても使用された歴史的建造物を、様々なデザイナーや建築家がリノベーションしたことでも注目を集めています。出展者は、ホテルの客室で思い思いの世界観を作りながら製品を展示。来場者はホテルを回遊しながら各部屋へ入って行き、展示されている製品と、そのものづくりのプロセスや歴史を知ることができるという他にはないスタイル。日本とオランダ、国境を越えたこの取り組みは、クラフトの未来を確実に明るくしていきます。

 

※全11のレクチャーを予定しています。詳細はこちらから。

LATEST POST 最新記事

東京の屋内アスレチックで雨の日も運動不足を解消!おすすめ施設5選
千葉・稲毛海浜公園内にグランピング施設「small planet CAMP & GRILL」が4/22(木)オープン
芸術×科学が生んだ“ストランドビースト”が登場!「現代のダ・ヴィンチ」テオ・ヤンセンの展覧会
「THE ドラえもん展 SAPPORO 2021」がいよいよ開幕。現代アート×ドラえもんで新たな夢の世界へ!