DATE: 2019.10.02

一夜限りのアートの祭典「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2019」を京都市内34会場で開催!

パリの白夜祭から着想を得た「ニュイ・ブランシュ KYOTO」が、今年も開催。2019年10月5日(土)に京都市内34会場で、現代アートと過ごす一夜をお届け。

毎年10月の第一土曜日または日曜日に、パリの街を舞台に夜通しで開催される「白夜祭」。この日は夜から明け方まで、美術館やコンサートホール、市庁舎、公園などで無料のコンサートやアートイベントが開催され、芸術を愛するパリ市民の一大イベントとなっています。

日本ではパリの姉妹都市である京都市と〈アンスティチュ・フランセ関西〉が共同で、2011年より「白夜祭」から着想を得たアートの祭典「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を開催。本場パリと同じく夜間に市内各所で、日仏アーティストによるパフォーマンスや展示など多彩なプログラムを実施します。

9回目となる今年は、2019年10月5日(土)に開催が決定。「ダイアローグ(対話)」をテーマに京都市内34会場で、アーティスト同士、アーティストと観客、作品と場所、フランスと日本、伝統と革新など、多彩な対話が花開くアートイベントをお届けします。

参加アーティストは、フランス人アーティスト30名を含む、120名以上を予定。オープニング会場となる〈京都駅ビル〉や〈二条城〉などの文化財、〈京都国立近代美術館〉や〈京都芸術センター〉をはじめとする人気のアート施設まで、京都市全体がアートに染まる一夜をお楽しみに。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】