DATE: 2017.09.27

彦坂木版工房の木版画ワークショップが岐阜で開催!

彦坂木版工房による、親子向けの木版画ワークショップが、岐阜図書館で10月21日(土)開催されます。

彦坂木版工房は、2010年に彦坂有紀と、もりといずみが始めた木版工房。彼らによる、ふっくらおいしそうなパンの木版画を見たことがある方も少なくないのではないでしょうか。

今回、彦坂木版工房による3歳〜小学6年生までの子どもを対象にした木版画のワークショップが、岐阜県図書館で開催されます。当日は彦坂木版工房の定番であるパンをはじめ、岐阜を代表する“あの”銘菓をモチーフに、木版画の最後の工程である「刷り」を体験します。

パパだけでなく、ママも参加が可能なワークショップ。芸術の秋、親子で木版画に触れてみては?

パパと過ごす図書館(第8回)彦坂木版工房ワークショップ

住所:〒500-8368 岐阜県岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111
会場:岐阜県図書館1階おはなし室
開催日:2017年10月21日(土)
開館時間:【午前の部】10:30~12:00 【午後の部】14:00~15:30
対象年齢:園児(3歳)~小学生(保護者の同伴必要)
定員:各部お子様15名(要申込)
料金:無料
講師:もりといずみ(彦坂木版工房)
お申込み:往復はがきでお申し込みください。(希望者多数の場合は抽選)
※応募締切:2017年10月3日(火) 必着
※申し込み方法、詳細は公式サイトを参照
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】