DATE: 2020.02.03

子どもも楽しめる屋外上映やワークショップも!「第12回恵比寿映像祭」開催

2020年2月7日(金)~23日(日・祝)の期間、「第12回恵比寿映像祭」が東京都写真美術館をはじめ、恵比寿ガーデンプレイス センターなど各会場で開催されます。

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イベント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティバルです。第12回目となる今回は、「時間を想像する」をテーマに、アートや映像表現から時間について想像していくことで、“時間とは何か”という映像が持つ本質的な部分に迫ります。

《ハナビリウム》[参考図版]©丸玉屋
dear Me フェス!-越境するアートとフクシから考える、子どもと私の豊かな学びの場- 子どもと一緒にてつがくセッション/2018 Photo: Yukiko Koshima

会期中は、360度、ぐるりと花火に包まれる新感覚のプラネタリウムを体験できる「ハナビリウム」や、哲学研究者と子どもたちが一緒にいくつかの展示作品を見て、感じて、いろいろな“ふしぎ”について考えるトーク&ワークショップなど子どもも楽しめるプログラムもご用意。また、未就学児も入場可能なので小さい子ども連れでも安心して訪れることができます。

年に一度の映像とアートのお祭りに、ぜひ家族で参加してみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】