DATE: 2020.03.04

50家族限定募集!子どもたちが主役のワークショップ「きのか蔵の会2020」で食育体験

2020年5月~11月にかけて開催する「きのか蔵の会2020」の募集を50家族限定で開始しました。なお、定員になり次第、締切りとなるので気になる方は早めのチェックを!

「きのか蔵の会2020」は、畑で土に触れながら、四季を味わうことができる子どもたちが主役のワークショップです。50家族限定で、年4回にわたって開催されます。

第1回は田植え体験やほうれん草の種植え、いちご狩り、第2回は柴沼醤油醸造蔵見学や大豆種まき、ほうれん草の収穫、第3回は稲刈り体験やハチミツ搾り体験、第4回は大豆収穫体験やうどん作り、大根・にんじん収穫などを実施します。

ぜひこの機会に、大自然の中で家族と一緒に食育体験をしてみてはいかがでしょうか。

きのか蔵の会2020

期間:2020年5月~11月
場所:柴沼醤油醸造(茨城県土浦市(第2回のみ))、朝日里山学校(茨城県石岡市)
募集人数:50家族
※定員になり次第、締切りとなる
参加費:各回大人1名3,000円、子ども1名2,000円(小学生未満無料)
※いずれも税込
年会費:1家族8,000円(入会金3,000円+田んぼ・畑 維持管理費5,000円)
※いずれも税込
※今までに参加したことがある家族は入会金不要
申込方法:Webサイトまたはメール、FAXにて申し込む

イベント詳細

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ

LATEST POST 最新記事

アニヤ・ハインドマーチに訊く、サスティナブルの未来と家族について
6歳以下の子どもが対象! 土屋鞄製造所が、絵本のキャラクター原案を募集
EVERGREEN  いたいけな視線が捉える揺るぎない未来の姿
セミの幼虫は土の中に何年いる?