DATE: 2017.11.16

絵本ってなんだろう?4人のアーティストによる「え、ほん?」展が有楽町 ATELIER MUJIで開催中

有楽町 ATELIER MUJIで、「え、ほん?」展が12月17日(日)まで行われています。4組の様々なジャンルのアーティストが、絵本とは何かについてを考察。

普段何気なく手にしている「本」ですが、人間との関わりは深く、その始まりは石や土から、そして植物や動物の皮など身近な素材を活用し、今では電子化されるなど、その姿を少しずつ変えて私たちの生活に寄り添ってきました。では、もしもその本が、立体になったら?ちょっと風変わりな読書体験とは?

本展では、江口宏志(本好き・蒸留家見習い)、大日本タイポ組合(デザイナー)+国立国語研究所、中村至男(グラフィックデザイナー)、Anna BUDANOVA (アニメーション作家)の4組のアーティストがこの問いに挑戦。彼らの作品は「え、ほん?」と言ってしまうものばかりです。

本とは、絵本らしさとは、何か。読書に何を求めるのか。ほんの少しいつもの視点からはぐれて、迷子になってみるのも楽しいかもしれません。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】