DATE: 2018.03.24

フランスを代表するポスター作家による「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

レイモン・サヴィニャックのポスターを紹介する展覧会が、練馬区立美術館で4月15 日(日)まで開催中。

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)の展覧会が開催中。第二次世界大戦後、それまでのフランスにおけるポスターの伝統であった装飾的な様式を一新した人物です。

国内5美術館を巡回する、かつてない大規模展となる本展覧会では、サヴィニャックの20世紀ポスター史を語るのに欠かせない代表作を中心にそれらのスケッチ、原画、パリに貼られたサヴィニャックポスターの景観写真などあわせて約200点を紹介。牛乳石鹸モンサヴォンのポスターで真のポスター作家となったサヴィニャック。彼の作品を時系列に追うのではなく、イコノグラフィや、グラフィックの手法や考え方、同じ製品を扱ったものなど、共通する項目によってグループを作り、その魅力の源に迫ります。今や実際に目にする機会のなくなった3m、4mにもおよぶ大型ポスターも必見!

ポスターというメディアを魔術師のように操ったサヴィニャックの世界を、親子で堪能してみては。

練馬区独立70周年記念展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

住所:〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL:03-3577-1821
会場:練馬区立美術館
開催日:2018年2月22 日(木)~4月15 日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日: 月曜日
料金:一般800円 高・大学生および65~74 歳600円 中学生以下および75歳以上無料
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】