DATE: 2018.05.14

「なんかへんないきもの~オオサンショウウオのゆかいななかまたち~」京都水族館で開催

9月9日の「オオサンショウウオの日」認定を記念して、オオサンショウウオの企画展が京都水族館で2018年6月29日(金)まで開催中。

オオサンショウウオは、国の特別天然記念物に指定されている世界最大級の両生類で、ずんぐりとした体形や大きな口など不思議な見た目が特徴。京都水族館では約20頭を展示していて、在来種の保護や情報発信を行っています。

今回、9月9日が「オオサンショウウオの日」に認定されたことを記念し、「図解 なんかへんな生きもの」(光文社)の著者である、ぬまがさワタリとコラボレーションした企画展が京都水族館で開催。メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)等、オオサンショウウオの仲間の両生類が展示されます。また、ぬまがさワタリの独特の世界観を味わえる解説が館内随所に展示されていて、生態観察とともにオオサンショウウオを学ぶことができます。

ほかにも、水槽を観察してサンショウウオの「新種」を描く体験プログラムや、「ぬまがさワタリの ゆかいないきもの(秘)図鑑」(西東社)に登場するイラストをモチーフにしたオリジナルのフォトブース、期間限定のスイーツメニューも。オオサンショウウオを満喫できる京都水族館を、ぜひ親子で楽しんでみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】