DATE: 2018.06.07

最新のグラフィックデザインを親子で鑑賞「日本のグラフィックデザイン2018」

2018年6月20日(水)~7月31日(火)、東京ミッドタウン・デザインハブで「日本のグラフィックデザイン2018」が開催。

アジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)発行の年鑑『Graphic Design in Japan』。今回、2018年版の発行を記念して東京ミッドタウン・デザインハブにて「日本のグラフィックデザイン2018」が開催されます。

本展では今年の『Graphic Design in Japan』掲載作品の中から約300点の実物と映像が展示され、中村至男、永井一正、菊地敦己らによる作品が並びます。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を知ることができます。ぜひ親子で鑑賞して、感性を磨いてみては。

LATEST POST 最新記事

プロのパティシエが監修。エド・インターより、本物さながらの木製おもちゃ「夢のフルーツタルト」が発売
令和の子どもの必須教養「お金教育」に役立つアプリ&サービス5選
愛する器たちを、修理しながら長く大切に使い続けるために。【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:前編】
背伸びしたい乙女心をくすぐる!「ポール & ジョー」の新作ランドセルは大人なパステルカラー【2023年入学ラン活NEWS】