DATE: 2018.06.07

最新のグラフィックデザインを親子で鑑賞「日本のグラフィックデザイン2018」

2018年6月20日(水)~7月31日(火)、東京ミッドタウン・デザインハブで「日本のグラフィックデザイン2018」が開催。

アジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)発行の年鑑『Graphic Design in Japan』。今回、2018年版の発行を記念して東京ミッドタウン・デザインハブにて「日本のグラフィックデザイン2018」が開催されます。

本展では今年の『Graphic Design in Japan』掲載作品の中から約300点の実物と映像が展示され、中村至男、永井一正、菊地敦己らによる作品が並びます。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を知ることができます。ぜひ親子で鑑賞して、感性を磨いてみては。

LATEST POST 最新記事

恐竜好きも、そうじゃなくても面白い。「DinoScience恐竜科学博」で恐竜くんが伝えたかったこと【招待チケットプレゼントも!】
8/9まで開催。子どもの想像力を刺激する展覧会『もるめたも展 – あそびとへんしんの研究所』
子供が成長しても活躍。映画好き家族が教える、シアター気分を味わえる“プロジェクターのある暮らし”【LAファミリー編】
夏をクリエイティブに!音の工作アイデア3選【Fasu×J-WAVE#親子で熱狂】