DATE: 2018.06.07

最新のグラフィックデザインを親子で鑑賞「日本のグラフィックデザイン2018」

2018年6月20日(水)~7月31日(火)、東京ミッドタウン・デザインハブで「日本のグラフィックデザイン2018」が開催。

アジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)発行の年鑑『Graphic Design in Japan』。今回、2018年版の発行を記念して東京ミッドタウン・デザインハブにて「日本のグラフィックデザイン2018」が開催されます。

本展では今年の『Graphic Design in Japan』掲載作品の中から約300点の実物と映像が展示され、中村至男、永井一正、菊地敦己らによる作品が並びます。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を知ることができます。ぜひ親子で鑑賞して、感性を磨いてみては。

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛