DATE: 2018.06.22

テリ・ワイフェンバック/ケイト・マクドネル写真展「Heliotropism」開催

写真家のテリ・ワイフェンバックとケイト・マクドネルによる展覧会が2018年8月5日(日)までブリッツ・ギャラリーにて開催中。

写真家のテリ・ワイフェンバックとケイト・マクドネルは、ともにワシントンD.C.に在住する女性アーティストで、お互いに尊敬しあう友人同士。今回、主に地元で活動するマクドネルが作品を世界に幅広く発信したいとワイフェンバックに相談したことから2人展が実現しました。

作品タイトルの「Heliotropism」は、花・植物や動物が太陽に向かう性質、向日性を意味します。2人はともに身の回りの出来事や風景をテーマに、自然世界を愛し崇拝して、作品制作を行っています。それぞれの作品に見られる同じ方向性から今回のタイトルが決定しました。

本展で、ワィフェンバックは伊豆で撮影された「The May Sun」からカラー作品17点(デジタルC-プリント)、マクドネルは「Lifted and Struck」からカラー作品17点(デジタル・アーカイヴァル・プリント)を展示。さらに特別展示として、ワイフェンバックは鳥のシルエットを抽象的にとらえた新作「Centers of Gravity」からモノクロ作品9点も展示します。自然をテーマにした作品は老若男女の心に響きます。ぜひ、親子で足を運んでみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】