DATE: 2018.08.16

「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」金沢21世紀美術館で開催中

宮さんは絵を描き、僕は字を書く――。スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫の軌跡を追った「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」が 2018年8月25日(土)まで金沢21世紀美術館で開催中。

力強いメッセージが込められている、スタジオジブリ作品。その作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を理解して作品と真摯に向き合うことで、その本質を読み取り、「言葉」にして伝えてきたのがプロデューサーの鈴木敏夫です。

鈴木が高畑勲、宮崎駿と出会って、40年。「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」まで様々な作品が生み出されてきました。本展では鈴木プロデューサーに焦点を当て、ジブリの魅力に迫ります。幼少期に読んでいた漫画や文学から始まり、ジブリにまつわる資料、直筆メッセージを展示。会場には、多数のフォトスポットも登場します。

ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。親子2世代で楽しめる展覧会に足を運んでみては?

LATEST POST 最新記事

「おうちギャラリー」始めませんか?増える一方の子供の絵や工作のクリエイティブなディスプレイ術
ニューノーマル時代の家電カタログ
東京オペラシティアートギャラリーで「和田誠展」が開催。国民的イラストレーターの新たな魅力を発見
シュライヒのセットや、おうちに飾りたいイエローコーナーのアートフォトをプレゼント!Fasu、秋の新規会員キャンペーン【第一弾】