DATE: 2018.08.20

感性を刺激する子ども向けワークショップも!「水と土の芸術祭2018」新潟市で開催

3年に一度の芸術祭「水と土の芸術祭2018」が2018年10月8日(月・祝)まで、新潟市内全域で開催中。 アート・食・音楽・ダンスにまつわる子ども向けワークショップも実施。

水と土の芸術祭は、2009年から3年に1度、新潟市内で開催される芸術祭。新潟市の水と土によって形成された、独自の風土や文化に光をあてることで、人間と自然との関わり方を見つめ直し、未来を展望していくヒントとなるものを探ります。

今年は、国内外の作家38名の作品が、新潟市内の18会場に展示されます。展示以外にも、子どものためのアート・食・音楽・ダンスのワークショップ「こどもプロジェクト」が開催小中学校の先生がコーディネーターとなり、アーティストと共に創る「とびきりワークショップ」、新潟市の8区それぞれの地域と連携した「体験ワークショップ」など様々なプログラムが行われます。

普段の生活の中では味わうことができない創造的な空間を、ぜひこの夏巡ってみては。

LATEST POST 最新記事

まるで本物みたい!多彩ないきものたちの姿を土のアートで魅せる展覧会
子どもとのアウトドアに必須! Teva®のスポーツサンダルに新色が登場
屋上菜園、野菜の新コレクション計画進行中!【谷尻直子連載VOL.2】
SE構法に欠かせない“集成材”。安全性を高めるための製造過程とは?|森から生まれる、木の住まい。Vol.2