DATE: 2018.11.22

「霧の抵抗 中谷芙二子」水戸芸術館で開催中。霧の彫刻のインスタレーションも

霧の彫刻家・中谷芙二子による展示「霧の抵抗 中谷芙二子」が水戸芸術館で2019年1月20日(日)まで開催。屋内での霧インスタレーションや、広場での霧の彫刻を鑑賞することができます。
「霧の抵抗 中谷芙二子」画像
水戸芸術館広場での展示風景 撮影:山中慎太郎(Qsyum!) 写真提供:水戸芸術館現代美術センター

現在、“霧の彫刻家”として世界的に知られる中谷芙二子の展覧会が、水戸芸術館で開催中。

雪の研究と自然を題材とした随筆で知られる中谷宇吉郎の娘として生まれた中谷芙二子は、1970年の大阪万博ペプシ館で、代表作となる霧の彫刻を制作。アート&テクノロジー、芸術と科学の融合など、現在、流行語のように広がるこれらの世界を、半世紀にわたって当事者として見つめてきました。

本作家は、自身の作品を通して、人工物に囲われた都市空間、メディアを通して得られる疑似体験など、近代以降の技術発達が作り出してきた社会に対する鋭い批評を投げかけています。こうした活動に込められた柔らかで明快な抵抗を「霧の抵抗」と呼び、本展のタイトルとしました。

会場では、展示の映像記録だけでなく、屋内に展示された霧のインスタレーションと、広場に広がる霧の彫刻を実際に鑑賞することが可能。捉えどころのない不思議な霧のアートに、子どもたちは何を感じるでしょうか?ぜひ親子で感想をシェアしてみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】